錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。今回は「歯が変色しているのに虫歯も歯周病もないと言われました。こういうことはあり得るのですか?」についてお話しします。

ご自身の目で確認できる変色があると、虫歯や歯周病になっているのではと心配になりますよね。今回は変色があった場合でも問題がないものについてご紹介します。

銀歯からセラミックに変えることはできる!

結論から言うと銀歯からセラミックに変えることは可能です。保険診療だと虫歯でない部分を「治療する」ことはできませんが、自費診療であれば審美的な理由であっても、銀歯を取り外してセラミックに変更することは可能です。

最近は保険診療でも部位によっては白い被せ物を使用することが可能となりました。ですが虫歯治療が目的でない場合は、保険内で白い被せ物を入れることはできないので注意が必要です。

銀歯からセラミックに変えることのメリット

銀歯の内部にある虫歯を早期治療することができる

保険治療である銀歯は、二次虫歯のリスクが高くなります。歯の神経を除去した歯だと虫歯が再発していても「しみる」「痛い」等の感覚がないため、気づいた頃にはとても大きな虫歯になっている可能性もあります。

またレントゲン写真では、銀歯を使用している場所は白く写ってしまうため銀歯の下が虫歯になっているのかを確認することができません。

銀歯からセラミックに変更する治療を行えば、虫歯を除去することができるので、痛み等の症状が出る前に対処することができます。

見た目を綺麗にして口元のコンプレックスを解消できる

銀歯からセラミックへの治療で最大のメリットとして、セラミック治療することで見た目を綺麗にすることが可能です。目立つ位置に銀歯があった場合、白い詰め物・被せものに変更するだけでもだいぶ印象が変わります。

保険内で作る白い被せ物はプラスチックでできているため、表面の着色が目立ってきます。オールセラミックであれば、経年劣化も起きにくいため、長期間に渡って綺麗な口元にすることが可能です。

銀歯からセラミックに変えることのデメリット

メタルタトゥーで変色した色がセラミックを透過する

ジルコニアやメタルボンドであれば、透過性が低いため、下の色が透けて見えることはありません。ですがオールセラミックになると天然歯に近い透過性があるため、メタルタトゥーで変色した色が透けて見えることがあります。

銀歯をつけていた時には気づかなかった歯茎や歯の黒く変色した色も、白い材料を使用することでより目立ちやすくなります。銀歯を除去した歯や周辺の歯茎がどの程度、変色を起こしているのかをしっかり見極め、場合によっては変色を除去する治療を行ってからセラミック治療を受けた方がより綺麗な見た目にすることができます。

歯の切削量が増える

セラミックはある程度厚みを持たせる必要があります。そのため、銀歯を取り外した後、セラミックを入れるために歯を切削します。もともと入っていた銀歯の大きさや虫歯の有無にも関係しますが、場合によっては歯の神経を除去する必要がある場合もあります。

割れる、欠ける心配がある

咬合力や治療部位にもよりますが、セラミックは欠けたり、割れたりする危険性があります。噛み合わせを調整し、無理ない治療を行えばそのリスクを軽減することはできますが、元々の噛む力の強い方になるとオールセラミック等の治療だと破折のリスクが高くなります。

もともと入っていた銀歯の表面が滑沢になっている、銀歯の表面に穴が開いているという方は、かなり咬合力が強い、噛み締め・食いしばりが強い可能性があります。

噛み合わせの調整やナイトガード等のマウスピースを用いることで、セラミックの破損のリスクを減らすことは可能です。

セラミックに変える治療回数は?

虫歯がなかった場合

銀歯の下が虫歯でなかった場合は、そのままセラミックの型取りのための形成を行います。その後型取りし、技工所に型を提出し、出来上がったセラミックを接着させます。治療回数としては2〜3回で終了します。

虫歯になっていた場合

残念なことに銀歯の下が虫歯になっていた場合は、まず虫歯治療から行います。小さな虫歯であれば1回の治療で済みますが、神経を除去する必要がある大きな虫歯の場合は、神経を除去して土台を立てるまでの治療で、4〜6回程度の通院が必要になります。

虫歯治療が終わってからは、セラミックを入れるための型取り〜接着までの2〜3回程度になります

まとめ

いかがでしたか?最後に「歯が変色しているのに虫歯も歯周病もないと言われました。こういうことはあり得るのですか?」についてまとめます。

・歯の変色だけでは歯周病、虫歯であると断定できない
・歯の表面が粗く、変色を起こしている場合虫歯の可能性がある
・症状もなく、慢性虫歯に移行している場合、経過観察をすることもある
・歯の表面に凸感があるようなら歯石の可能性がある
・歯石であればクリーニングで綺麗に落とせる
・歯1本が黒く変色している場合は外傷による変色の可能性がある
・外傷の場合、根管治療が必要となる

WHITE DENTAL CLINIC