錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「前歯のガタガタはマウスピースで治せる?」についてお話しします。

ガタガタの前歯は見た目が悪いから、きれいな歯並びにしたいと考えている方も多いでしょう。周囲から気付かれにくいマウスピース矯正で、前歯を治せるのでしょうか。

今回は前歯のマウスピース矯正について解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

前歯のガタガタについて

前歯のガタガタは叢生(そうせい)や乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれ、多くの人の悩みになっています。ガタガタした歯並びの原因は顎が小さかったり、生え替わりが上手くいかなかったりしたことなどです。

前歯がガタガタしていると、次のようなデメリットがあります。

  • 見た目が悪い
  • 歯ブラシが届きにくい
  • むし歯や歯周病になりやすい
  • 噛み合わせが悪い
  • 口内炎ができやすい

前歯のガタガタをそのままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、磨き残しが多くなってむし歯になりやすくなるなど、大切な歯の健康を損なう可能性があります。

前歯のガタガタはマウスピースで治せる?

多くの前歯のガタガタは、マウスピース矯正で治療できます。マウスピース矯正は目立ちにくく、痛みが少ない治療法です。

マウスピース矯正で利用されることが多いアラインテクノロジー社のマウスピース矯正システム「インビザライン」では、前歯の矯正に特化したインビザラインGoがあります。

インビザラインGoは世界中で治療実績があり、全体を矯正するよりも価格を抑えつつ、短い期間で理想の歯並びが目指せます。

ただし1日20時間以上の装着が必要であり、自己管理が求められる点に注意です。また、抜歯が必要な症例や重度に歯並びが悪い症例には適しません。ご自身の歯並びがマウスピース矯正で改善できるかについては歯科医院に相談し、最適な矯正方法を選ぶことが大切です。

マウスピース矯正治療の流れ

マウスピース治療の一般的な流れをご紹介します。

カウンセリング

まずは、前歯に関するお悩みを確認し、マウスピース矯正で対応できるかチェックします。その後、治療のシミュレーションを行い、治療期間や費用について説明があります。治療計画に同意した上で治療を開始します。

マウスピースの装着

お口の画像データを基に作製したマウスピースを実際に装着します。事前にドクターから装着方法やお手入れ方法について説明があるため、指示通りにマウスピースを装着しましょう。1日の装着時間やマウスピースの交換頻度など、マウスピース矯正で効果を出すためには自己管理がポイントです。

1ヵ月程度に一度、歯科医院で診察を受け、治療が計画通りに進んでいるかチェックします。インビザラインGoを利用している場合、治療期間は半年程度が一般的です。

保定期間

治療が終了した後は、歯の場所を固定するためにリテーナー(保定装置)を装着します。前歯のみの矯正の場合は、1年半程度の保定期間が必要です。

保定期間が終了したら、矯正治療は終了です。その後もお口の健康を守るために、定期的に歯科医院に通うとよいでしょう。

マウスピース以外でも前歯の歯並びは治せる?

マウスピース以外でも前歯のガタガタを治すことができます。

ワイヤー矯正(表側矯正)

ワイヤー矯正とは、ブラケットと呼ばれる器具を歯の表面に貼り付け、そこにワイヤーを通す広く知られた矯正方法です。

ワイヤー矯正は幅広い症例に対応しており、もちろん前歯のガタガタも適用範囲です。マウスピースと異なり、食事の際に取り外したり、装着時間を守るといった自己管理の煩わしさはありません。また、マウスピースでは対応できないような重度のガタガタにも対応できます。

マウスピース矯正よりも矯正装置が目立つ点がデメリットですが、最近では目立ちにくい装置を選ぶことができ、治療の選択肢が広がっています。

ワイヤー矯正(裏側矯正)

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する矯正方法です。

表側矯正より目立ちにくく、マウスピースを使った矯正と比較すると、細かい歯並びの調整がしやすいというメリットがあります。

またマウスピースでは対応できないような難しい歯並びにも対応しているため、ガタガタのレベルが重度の前歯であっても目立たずに矯正を進めることができます。

ただし表側矯正と同じく自分で外せないため、歯ブラシがしにくい、慣れるまで話にくいというデメリットがあります。

表側矯正よりも歯科医師の技術が必要なため、治療費が高く設定されていることがあります。治療費については事前にしっかり確認しましょう。

まとめ

前歯のガタガタはマウスピース矯正で改善できます。また、前歯だけの部分矯正であれば、全体矯正よりも短い期間で治療が完了します。ただし1日20時間以上装着が必要で、前歯の状態によってはマウスピースでは適応できない可能性があります。

マウスピース以外にもワイヤー矯正など他の方法で前歯のガタガタを改善することもできるので、ご自分にあった矯正方法を選ぶことが大切です。

前歯の歯並びに悩んでいる方は、ぜひ当院にご相談ください。

WHITE DENTAL CLINIC