錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「マウスピース矯正ができないこともある?」についてお話しします。

近年、目立ちにくい矯正治療法として、マウスピース矯正を希望する人が増えています。

そのような中で、「自分の歯並びはマウスピース矯正で治療できるのか」を疑問に感じる方も少なくありません。

今回はマウスピース矯正が難しいケースについて解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

歯並びによってはマウスピース矯正に適応していない

結論からいうと、歯並びによってはマウスピース矯正が難しい場合があります。というのも、歯を大きく動かすことはマウスピース矯正では難しいためです。

マウスピース矯正では、元の歯と少しズレができるように作られたマウスピースを長時間装着し、少しずつ力を加えて動かします。1枚のマウスピースで歯が動く距離は0.25mm程度です。

そのため、強い力で平行に歯を動かす必要のある症例は苦手です。また骨格が関わるような大きな矯正には対応できません。詳しくは次項で解説します。

そのためマウスピース矯正を希望しても、歯科医師から別の治療法を提案されることがあります。

マウスピース矯正ができない症例とは?

ここからは、さらに具体的にマウスピース矯正ができない症例を紹介します。

重度の歯周病がある

歯周病が進行していると、マウスピース矯正はできません。歯周病とは細菌の感染により、歯ぐきが炎症したり、歯を支える骨が溶けてしまったりする病気のことです。

矯正治療では歯を支える骨にも力をかけるため、歯周病で弱った歯に負担をかけてしまいます。そのため、まずは歯周病を治療する必要があるのです。

歯周病が落ち着いたら矯正が可能になります。歯科医師に矯正を希望していることを伝えて、歯周病治療を進めていきましょう。

インプラントを入れている

インプラントを入れている人は、マウスピース矯正が難しいでしょう。歯科インプラントとは、失った歯の代わりに人工の歯根を埋め込み、人工歯を装着する治療法です。

一般的な矯正治療では歯の根元にある歯根膜を利用して歯を動かします。しかし人工歯には歯根膜はありません。そのため、マウスピースを使った矯正は難しいでしょう。

歯科矯正を希望する人は、インプラント歯があることを歯科医師に伝え、治療計画を立ててもらうことをおすすめします。

歯を大きく動かす必要がある

歯がガタガタしていたり、抜歯を伴うような歯並びの矯正は、マウスピース矯正よりもワイヤー矯正のほうが得意です。

ワイヤー矯正は歯に矯正器具ブラケットを装着し、そのブラケットにワイヤーを通して力を加えていきます。ワイヤーが太いほど強い矯正力が出るため、ワイヤーを調整して歯を大きく動かすことも可能なのです。

そのため、歯の状態によってはマウスピース矯正を希望していても、ワイヤー矯正がすすめられることがあります。

重度の出っ歯や受け口である

重度の出っ歯や受け口のときは、骨格に問題があることが多いでしょう。マウスピース矯正は歯並びに問題がある軽度の出っ歯や受け口は治療ですが、顎の骨のズレが関係しているような重度の出っ歯や受け口には適応していません。

重度の出っ歯や受け口を治すために外科手術が必要になることもあるため、まずはかかりつけの歯科医院に相談してみてください。

マウスピース矯正以外の治療法とは?

マウスピース矯正ができないケースでも、ほかの方法を選択できます。

  • ワイヤー矯正
  • ハイブリッド矯正
  • 外科的矯正

以下にそれぞれの特徴を解説しますので、マウスピース矯正以外の治療法が気になる人はぜひ参考にしてみてください。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は幅広い症例に適している矯正法です。マウスピース矯正に比べて目立つデメリットがあるものの、大きく歯を動かせるというメリットがあります。マウスピース矯正では難しい、部分的に歯が重なっている叢生(そうせい)に対応しています。

近年では、ワイヤー矯正に使用する装置にも目立たないタイプのものや、歯の裏側に装置を装着する「裏側矯正」を選択することで、ワイヤー矯正であっても目立たないように工夫することができます。

ハイブリッド矯正

ハイブリッド矯正とは、マウスピース矯正とワイヤー矯正を組み合わせた治療法です。大きく歯を動かす部位はワイヤー矯正、細かく歯を動かしたい部位はマウスピース矯正というように、それぞれのメリットを活かすことができます。

外科治療

上顎と下顎のズレが大きいときに、矯正治療に加えて顎の骨の手術を組み合わせる治療法です。外科治療や外科的治療と呼ばれ、矯正治療だけでは対応できない重度のかみ合わせを治療します。

治療の流れは、まずは手術前に概ね2年程度矯正治療をして歯を整えます。その後手術で、顎の骨を適切な場所に移動させます。

手術後は再び矯正治療をして、理想の歯並びを目指します。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「マウスピース矯正ができないこともある?」について解説しました。

マウスピース矯正はできない症例があり、希望していても他の治療法が提案される可能性があります。

ただマウスピース矯正ができないかどうかは、自分では判断しにくいものです。お近くの歯科医院に相談し、自分に合った方法で理想の歯並びを目指しましょう。

WHITE DENTAL CLINIC