小児歯科

小児歯科ではお子様の歯の治療を専門に行っています。お子様といっても年齢に明確な縛りはなく、目安としては全ての歯が永久歯に生えかわる中学生くらいまでが対象と思っていただければいいでしょう。
最も、小さなお子様でも一般歯科で治療を行うことは可能です。

しかし小さなお子様にとって歯の治療は大人以上に恐怖に感じてしまうものです。 その点、小児歯科ではお子様に恐怖感を与えず、むしろ楽しんで治療を受けてもらえる工夫をしています。
そして、将来の健全な永久歯と健全な歯並びにつなげるための治療を行っています。

小さなお子様をもつお母様へ

小児歯科は、何よりお子様の歯の治療に対する恐怖心をなくすことが大切だと考えています。

このため、当院はお子様に対して無理やり治療を行わず、まずコミュニケーションをとってお子様に安心した気持ちになっていただくことから始めています。

安心していただくことで、お子様もお口をあけて私たちに見せてくれるようになります。
また、お母様としては大切なお子様を私たちに任せることに不安を感じる部分もあるかと思いますが、当院では子育てを経験した女性スタッフも多数在籍しているので、安心してお任せください。

妊娠中のお母様へ ~マイナス1歳からの歯科治療~

妊娠中のお母様へ ~マイナス1歳からの歯科治療~
お子様の歯を守るためには、お母様が妊娠した時から予防を始めることが理想です。
もちろんこの時期はまだお子様は胎児としてお母様のお腹の中にいる状態ですが、お母様の歯の健康を守ることが将来生まれてくるお子様の歯を守ることにつながるのです。

生まれてくる赤ちゃんが健康であるために

お母様の歯に問題があると、それがお腹の中の赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性があります。

例えば、お母様がむし歯になっていた場合はむし歯菌が赤ちゃんにうつってしまうことがあるのです。
また、妊娠中のお母さまが歯周病になると早産や低体重児出産のリスクも高くなると言われています。

特に妊娠中は悪阻などの影響でお口の中が不衛生になりやすく、細菌が繁殖しやすい環境になります。
このため、妊娠中は普段よりもむし歯や歯周病になりやすいですし、生まれてくる赤ちゃんの健康ためにも、まずはお母様の口腔内に注意が必要です。

むし歯予防は生まれる前から始まる

赤ちゃんに歯が生えるのは生後6ヶ月くらいの時が一般的ですが、その生えてくる歯自体が作られるのは赤ちゃんが生まれるもっと前…およそ妊娠6週目からと言われています。
これは乳歯の話ですが、実は永久歯も妊娠3ヶ月ほどの頃から作られているのです。

妊娠中はお母様の摂った栄養がお腹の赤ちゃんを育てる…これは歯にも言えることです。
妊娠した時から栄養バランスの良い食事を心掛ければ、お腹の赤ちゃんに将来生えてくる歯は強くなり、歯が強くなればそれだけむし歯などにもかかりにくくなるのです。

妊婦さんの栄養指導

当院では妊婦の患者様に対する栄養指導を行っています。
栄養素やミネラルのバランスの良い摂取、食品添加物や農薬を含んだ食品を避ける、お口の中の水銀を含む金属の問題、これらの点における指導としてマタニティニュートリションを扱っています。

例えば、食物連鎖の関係上、マグロは水銀を体内により多く蓄積しているので控えるべき食べものです。
また、妊娠中は妊娠性の歯肉炎にかかりやすく、歯肉炎は初期段階の歯周病と同じです。
こうした事実に対する指導を行いますし、これらは実際に母子手帳にも記載されていることです。

0歳~3歳までのお子様を持つお母様へ

0歳~3歳までのお子様を持つお母様へ
乳歯が生えてくるこの時期、乳歯の時から歯を大切にすることが生涯強い歯の子に育つ秘訣です。
また、乳歯が生えてきた時点でお子様はむし歯になる可能性を持つことになるため、歯磨きの習慣をつけてお子様の大切な歯を守りましょう。

赤ちゃんの(6ヶ月~1歳半頃)むし歯予防

歯が見えてきたら、歯を磨くよりもガーゼで拭いてあげましょう。
そうすれば、赤ちゃんがお口の中を綺麗にするということに次第に慣れてきてくれます。
お口をあけさせて丁寧に拭いてあげてください。

1歳半~2歳児のむし歯予防

食べることや飲むことを覚えるこの時期は、赤ちゃんの頃に比べてむし歯になるリスクも高くなります。
まず、ジュースや炭酸飲料はあまり飲まない習慣をつけてあげなければなりません。
また、むし歯の菌は唾液を介して人にうつるため、キスなどによるお母様からお子様への感染にも要注意です。

3歳~6歳までのお子様を持つお母様へ

この頃になるとお子様の歯磨きの習慣も身についているでしょう。
そこで、今度は定期的にプロフェッショナルケアを行うようにしましょう。
お子様の歯をむし歯から守るため、私たちが協力させていただきます。
当院では下記の2つの治療を行い、お子様をむし歯の予防を行っています。

フッ素塗布

クリーニングを行った後、歯にフッ素を塗ってむし歯になりにくくします。
フッ素はむし歯菌の酸に溶かされにくい、丈夫で強い歯を作ります。
こちらは保険内のものと自費治療のものがあるため、種類や効果はお気軽にお問い合わせください。

シーラント

歯磨きの時に磨き残しやすい奥歯の溝をプラスチックで埋める治療です。
溝を埋めることで凹凸がなくなり、歯垢や食べカスが溜まりにくくなります。
シーラント自体は3ヶ月ほどで取れてしまうため、定期的にご来院ください。

6歳~12歳までのお子様をお持ちのお母様へ

6歳~12歳までのお子様をお持ちのお母様へ
全ての歯が乳歯から永久歯に生えかわる時期で、この時期の口腔内環境次第で生涯の健康な歯を作れるかが決まります。
その意味では、歯を守る上で最も大切な時期です。

この時期では3つのことを心掛けてください。1つ目はお子様自身で丁寧な歯磨きができるようにすること、2つ目はよく噛んで食べ、食べた後はできるだけ歯磨きする習慣を身につけることです。
そして3つ目は私たちの元で定期的にフッ素塗布を行うことです。

乳歯は生えかわるため、それほど大切にしなくていいと考えてしまう人もいます。
しかし、乳歯を健康に保つことは将来生えてくる永久歯の健康のために大変重要なことです。
また、成長期のお子様の様々な癖によって歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼすことがあります。
当院ではお子様のむし歯予防はもちろん、こうした問題が起こらないよう細心の注意を払い、お子様の歯とお口の成長を守るお手伝いをさせていただきます。
医院名

医療法人社団 文成会

ホワイトデンタルクリニック錦糸町院

所在地
〒130-0013
東京都墨田区錦糸3丁目8-8 リヴュールツムラ2F
電話番号
0120-625-619
アクセス
       
JR中央・総武線「錦糸町駅」 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」 徒歩1分
診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00

▲ 日曜午後 15:00〜18:30
休診日 : 祝祭日

pagetop

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ

instagram

ご予約・お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせ 0120-625-619
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちらから お問い合わせフォーム
instagram