むし歯治療

むし歯は「蝕まれた歯」という意味で、以前はこれを「虫歯」と表記することが多かったのですが、最近ではお子様達のむし歯に対する誤解を防ぐため、「虫歯」ではなく「むし歯」と表記するようになったのです。
むし歯というのは、正しくはむし歯の原因菌が出す酸で歯が溶かされ蝕まれていく状態を示します。

むし歯の原因は?

むし歯の原因は?
お口の中には300種類~700種類もの細菌が住んでおり、むし歯の原因菌もそこに含まれます。
むし歯の原因菌の中で最も一般的なのはミュータンス菌と呼ばれるもので、この菌は食べ物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、歯の上にプラークと呼ばれる棲み処を形成します。

そしてプラーク内で酸を作り出し、その酸によって徐々に歯を溶かしていく…これがむし歯のメカニズムです。
ただしお口の中にミュータンス菌が存在するからといって必ずむし歯になるわけではありません。むしろミュータンス菌は常在菌としてほとんどの人が持っているくらいです。

ミュータンス菌の存在に加え、糖分、プラーク、歯の質、これら3つの要素が絡み合い、なおかつ時間の経過が重なることでむし歯が発生するのです。

むし歯の進行段階

むし歯の症状は一定ではなく、進行段階によって異なります。

進行段階はCO~C4の5段階で分けられます。

進行段階その1 :CO

進行段階その1 :CO

状態

初期段階のむし歯で、エナメル質の表面が脱灰し始めている状態です。
患部が白や茶色に変色しているものの、まだ穴は開いていません。
【治療法】
本格的にむし歯にはなっていないので削る治療はしませんし、リカルデントガム・MIペースト・キシリトールガムなどを使用して、歯を再石灰化させることで治る見込みも高いです。

進行段階その2 :C1

進行段階その2 :C1

状態

エナメル質の表面に穴が空き始めた状態です。
エナメル質は刺激を敏感に感じることはないため、この時点では痛まないことがほとんどです。
ただし、冷たいものなどの飲食で一瞬しみることはあります。
【治療法】
う蝕している部分を削り、ダイレクトボンディング(保険適用:プラスチック)(保険外:ハイブリッドセラミック)で修復するか、状態によってはインレー(詰め物)で修復します。インレーは、保険だと金属か、自費だとハイブリッドセラミック、100%セラミック、ジルコニアがあります。

進行段階その3 :C2

進行段階その3 :C2

状態

むし歯がエナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。
冷たいものや温かいものの飲食でしみることがありますが、刺激しなければ痛むことはありません。
【治療法】
ここまで進行すると治療時に痛みを伴うようになるため、通常麻酔を使用して治療します。
C1と同じように、う蝕している部分を削った後は、ダイレクトボンディング(保険適用:プラスチック)(保険外:ハイブリッドセラミック)で修復するか、状態によってはインレー(詰め物)で修復します。インレーは、保険だと金属か、自費だとハイブリッドセラミック、100%セラミック、ジルコニアがあります。

進行段階その4 :C3

進行段階その4 :C3

状態

むし歯が象牙質からその奥にある歯髄に達した状態です。
歯髄(神経)が炎症を起こすため、何もしなくてもズキズキとした激痛が起こる可能性があります。

【治療法】
ここまで進行すると歯を削るだけでは治せず、歯髄(神経)の除去や根の治療(根管治療)が必要になります。
根管治療後はクラウン(被せ者)で修復します。クラウン(被せ者)は、保険だと金属、自費だとハイブリッドセラミック・100%セラミック・ジルコニアを使用します(※一部保険適用でハイブリッドセラミックのクラウンも使用することができます)。必ずしも価格が高い歯が一番良いわけではなく、何が適切かは個人差があるので医師が判断してご提案いたします。

進行段階その5 :C4

進行段階その5 :C4

状態

いわゆる末期状態で、むし歯によって歯のほとんどが崩壊しています。
歯根しか残っていないため、外から見ると歯があるのかないのか分からない状態です。 【治療法】
保存ができる場合は、歯髄(神経)の除去や根の治療(根管治療)を行います。根管治療後はC3と同じように、クラウン(被せ者)を使用して修復していきます。
しかし保存ができない場合は、詰め物も被せ者や使用しても修復できず歯の機能を果たすことはできないことから、抜歯をするしか選択肢はありません。抜歯後は、ブリッジ・インプラント・部分入れ歯などで修復していきます。

当院のむし歯治療について

当院ではむし歯治療の際、「なるべく削らない治療」を大切にした治療を行っています。

痛みの少ない治療

当院では痛みの少ない治療を行っており、治療においてしっかりとした手順を踏み注意を払っています。

  • 1.注射時の患者様の痛み軽減のため、あらかじめ麻酔薬を体温と同じくらいに温めます。
  • 2.注射する位置の表面に麻酔薬を塗り、注射する時の痛みをなくします。
  • 3.電動注射器を使用する際、麻酔薬を打つスピードをゆっくり一定に保って痛みを感じないようにします。

患者様によっては「注射したことも分からなかったと」とおっしゃいます。
当院では患者様が痛みを感じることなく歯科治療ができるのです。

なるべく削らない治療

歯は身体の一部であり、削ってしまった歯を取り戻すことはできません。

なるべく削らない治療
詰め物などで補うことはできるものの、やはり患者様自身の歯を残すのが理想と考え、当院では歯をなるべく削らない治療を心掛けています。

そのために導入したのが「ドッグベストセメント治療」です。
歯を削るのはむし歯を取り去るのが目的ですが、除去しなくてもむし歯を無菌化できればいいのです。
そして、そんなむし歯の無菌化を実現したのが「ドッグベストセメント治療」です。

半永久的な抗菌作用のあるドッグベストセメントという特殊なセメントを患部に詰め込むことで、完全にむし歯を除去しなくてもむし歯を無菌化できます。
むし歯の範囲が広い場合にも可能な方法で、歯や神経をむやみに削ることなく治療できるのです。

痛みが少ない抜歯

抜歯した際、歯の周りには歯根膜という繊維状の物質が付着しています。

抜いた穴側にもある程度歯根膜が残っているのですが、これを除去せずに穴を治癒させることで歯根膜が腐って中で骨を腐らせてしまうのです。

そうなるとそこは細菌の温床になり、増殖した細菌が血流にのって全身に回ってしまいます。
当院ではこうした事態を防ぐため、残された歯根膜と余計な組織を削り取っています。
これは、将来二次的な病気を招くのを予防するための配慮です。

保険の銀歯では再発が起こりやすい?

むし歯治療を行い、詰め物で処置した歯にむし歯が再発することを二次むし歯と呼びます。
しかし、詰め物をしてしっかり覆ったはずの歯がなぜ再度むし歯になるのでしょうか。
その理由として挙げられるのが、詰め物の素材に銀歯を選択することです。

銀歯の問題点

健康保険適用のため費用の安さが特徴の銀歯ですが、銀歯は審美性が悪いだけでなく、詰め物の質としてもそれほど優秀ではありません。

そもそも銀歯の素材は本来歯とくっつかない素材のため、歯との接着の相性が悪いのです。

このため年数が経つと接着が剥がれやすく、それによって隙間が生じてしまいます。
そして、隙間が生じることでそこからむし歯の原因菌が侵入してしまい、むし歯の再発…つまり二次むし歯を引き起こしてしまうのです。
銀歯の問題点
銀歯の問題点

セラミックで解決

セラミックで解決
「二次むし歯を予防するための効果的な方法は、セラミックの詰め物を選択した上で、セメントでしっかりと接着してもらうことです。
セラミックはただでさえ歯との隙間が生じにくいだけではなく、詰め物として長持ちする素材です。
また、セラミックは歯垢が付着しにくい特徴も持っています。
そのセラミックを、セメントで歯としっかり接着するため隙間をなくします。

つまり、「詰め物に隙間が生じにくいのでむし歯の原因菌が侵入しない」、「むし歯の原因菌が潜む歯垢が付着しにくい」、これらの点からセラミックは二次むし歯を予防しやすいのです。
審美性の高さだけがメリットに思われがちなセラミックですが、それだけでなく詰め物としても大変優秀です。

お米やパンにも糖分は含まれているため、普段の食事でもむし歯ができる可能性があります。
また、むし歯は歯に穴があくとイメージが強いのですが、確認しづらい歯と歯の間や詰め物の奥にできているケースも多いのです。

このため、自分お口の中を見てむし歯がないと思い込んでいる人でもむし歯ができていることがあります。
むし歯に気付けなければ進行して手遅れになる危険性もあるため、例え歯に自信がある人でも定期的な検診を受けることをおすすめします。

削ったり抜いたりした歯は戻ってきません。

削ったり抜いたりした歯は戻ってきません。
むし歯の治療をした歯が、再び痛みだしたり、詰め物が外れたりするほか、毎回同じ場所を治療しているなど、こういった経験をされた方も少なくないと思います。

むし歯治療の繰り返しを予防することで、歯を失わず、一生涯ご自身の歯で過ごしていただきたい――。だからこそ、当院ではむし歯が小さなうちに「再発リスクを徹底的に抑えた精密な治療」にこだわります。
  • いつも同じ歯がむし歯になってしまう
  • すぐに銀歯が外れてしまう
  • 削る量をできるだけ少なくしたい
  • 「神経を残せない」と言われたけど残したい
  • しっかりとした説明をしてもらえるのか心配
  • 歯医者が恐くて通院が続かない
  • 治療期間はどのくらいかかるのか知りたい
  • 治療費が支払えるか不安

そのお悩み、ぜひ当院にご相談ください。

むし歯治療による再発リスク

むし歯治療による再発リスク

むし歯は、一度治療したからといって、再びむし歯にならないというものではありません。

むしろ、むし歯は治療を行うことで、再発リスクが高まっていきます。はじめは軽度なむし歯だったはずなのに、再発を何度も繰り返すうちに、気がついたら重症化して、抜歯してしまったというケースも・・・

実際、治療から5~10年たった後に、むし歯が再発することも珍しくなく、10代から10年おきにむし歯を再発させてしまうと30~40代で歯を失ってしまうこともあります。

自分の歯を残すためにも・・・

  • 小さなむし歯のうちに
  • 削る量は少なく
  • 再発リスクを抑えたむし歯治療を
  • 神経は取るのは最終手段
  • 歯周病予防も忘れずに

これらのポイントを抑えて、治療に取り組みましょう。

「痛み」に配慮した治療

再治療を止める治療
当院は「歯科が苦手」という方にも安心して治療を受けていただくために、しっかりと麻酔を効かせ、痛みの少ない治療を行います。

麻酔時の痛みも最小限にすむよう、様々な工夫をしています。「えっ、もう麻酔を打ったんですか?」と言われることも少なくありません。
麻酔注射器は電動を使用
電動の麻酔注射器は、手動で注射する場合よりも細い針を使用しているほか、コンピューター管理された機械の圧力で麻酔液を注入するため、麻酔時の痛みを抑えることができます。さらに、注入速度も数段階に変えられるので、患者様の状況や注射部位によって、最も痛みの少ない速度で麻酔液を注入することができます。

このほか、できるだけ痛みがストレスをならないよう、麻酔液の温度管理や針を刺す位置も工夫することで、なるべく痛みの少ないように治療を進めます。

削りたくない、神経を取りたくない

「歯はなるべく削りたくない」というご希望を多くお聞きいたします。

しかし、悪くなった部分は取り除かなければなりません。
削る量を極力抑え、神経を取り除く事をできる限り避けた治療を行いますが、それ以上に大切なことは、むし歯の短期的な再発を抑えて「一度の削る量」だけではなく、「一生涯に削る量」を減らしていくことが歯を失わずにすむ方法だと考えます。
当院では、再発リスクを徹底的に抑えた精密な治療にこだわっています。

小さなむし歯(C1)

小さなむし歯(C1)
エナメル質までのむし歯はスポット的な治療が可能なコンポレットレジン(CR)で治療を行います。削る量が最小限に留められるだけではなく、その日のうちに治療が完了します。

中度のむし歯(C2)

中度のむし歯(C2)
象牙質まで進行した少し深いむし歯の治療後は、象牙質が剥き出しになるので、細菌に感染しやすい状態になります。むし歯の取り残しがあると、詰め物の下でむし歯が広がってしまい、再発する可能性も。また、しっかりとむし歯を取り除けていても、詰め物と天然歯の間に隙間から細菌が入り込んで、再発してしまうこともあります。

当院では、これらによる再発リスクを軽減するため、各工程にこだわりを持って治療に臨んでいます。

まずは、特殊な薬を使ってしっかりとむし歯を取り除きます。その後、シリコンを用いた「2回法」という手段で精密な型取りを行い、歯にフィットした詰め物を作成。密着性を重視した接着で、将来的にも隙間が起こりにくく、密着した状態を維持できるようにします。

大きなむし歯(C3/C4)

大きなむし歯(C3/C4)

歯の神経を取ると、しみたり、痛みを感じることはなくなりますが、大きなデメリットが伴います。

  • 歯の色が黒っぽく変わってしまい、見た目が悪くなる
  • 多量に削るため、歯がもろくなり折れてしまう
  • むし歯に気づきにくく、歯を残せないくらい大きなむし歯になってしまう

 

神経を取らざるを得ない場合、神経を保存し修復するドックベストセメント治療を行う事で歯を失うリスクを減らします。

ドックベストセメント治療の流れ

①ドッグベストセメントを入れ、無菌化する

ドックベストセメント治療の流れ

②痛みが出ないか経過観察する

痛みが出ないか経過観察する

③削った部分に被せ物をする

ドックベストセメント治療の流れ

メリットとデメリット

メリット

  • 歯の神経を残せる
  • 削る量が少ない
  • 治療回数が少ない

デメリット

  • 保険対象外
  • むし歯が大き過ぎた場合、痛みが出る可能性がある

治療期間・通院回数・費用

1回1日/5500円(税込)
未承認機器について

より負担の少ない治療を選択
歯の治療は銀歯やセラミック、ブリッジやインプラントなど、歯の状態やご予算によってたくさんの選択肢があります。当院では模型やイラストを使いながら、わかりやすく現在のお口の中の状況と治療方法の選択肢をご説明いたします。

患者様には治療方法、選択肢、費用、期間などをご提示した後、ご自身で治療計画を選んでいただきます。大切なのは納得いただいた上で、治療に臨んでいただくこと。カウンセリングは個室で行いますので、周囲を気になさらずに納得いくまでご質問ください。

費用に不安のある方も安心なカウンセリング制度

診断結果を元に、可能な治療方法を提示いたします。

治療プランの提案では、価格を抑えたものや、おすすめの治療方法など、患者様の要望に沿ったものを数パターン用意いたします。

診断結果

診断結果

治療プランの提案例

治療プランの提案例

支払い方法について

一括払いのほか、12回までは無利息でお支払いいただける分割払いもご利用いただけます。

このほか、お悩みやご不明点などがありましたら無料でご相談を承ります。
治療期間や医療費控除・お支払方法など治療内容以外もお気軽にご相談ください。

医院名

医療法人社団 文成会

ホワイトデンタルクリニック錦糸町院

所在地
〒130-0013
東京都墨田区錦糸3丁目8-8 リヴュールツムラ2F
電話番号
0120-625-619
アクセス
       
JR中央・総武線「錦糸町駅」 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」 徒歩1分
診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00

▲ 日曜午後 15:00〜18:30
休診日 : 祝祭日

pagetop

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ

instagram

ご予約・お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせ 0120-625-619
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちらから お問い合わせフォーム
instagram