錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は、マウスピース矯正において多くの実績がある「インビザライン」を中心に、当院でご用意している「ケンライン」についてもご紹介します。

マウスピース矯正とは?

目立たない矯正治療

マウスピース矯正の最大のメリットはマウスピースが目立ちにくいという点です。透明なマウスピースを装着するため、金属を使用することが多いワイヤー矯正に比べると、矯正治療をしていることを周囲に気づかれにくく、人と接する機会が多い職業の方などに選ばれる矯正治療です。

装着時間を守ることが大切

マウスピース矯正では1日20時間程度の装着が必要です。決められた矯正時間を守らないと歯が計画通りに動かず、矯正期間が長引いてしまいます。

ワイヤー矯正より痛みを感じることが少ない

ワイヤー矯正と比べると、緩やかに歯を動かすことから痛みが少ない傾向にあります。できるだけ痛みが少ない矯正方法を選びたいという人におすすめです。

適応できない症例がある

マウスピース矯正の適応症例としては軽度な出っ歯やすきっ歯などです。重度な出っ歯や顎の骨格に問題があるケースは適応できない場合もあります。

治療実績が豊富な「インビザライン」

インビザラインは、アメリカの「アライン・テクノロジー社」が開発したマウスピース型の矯正器具です。「クリンチェック」というシミュレーションソフトにより、患者さんひとりひとりに合わせて綿密な治療計画を立て治療を進めていきます。
インビザラインについて詳しく解説します。

透明のマウスピースだから目立たない

インビザラインで使用するマウスピースは透明なため、ワイヤー矯正とは違い目立ちにくいのが最大のメリットと言えるでしょう。周囲から矯正していると気付かれにくく、人目を気にせず矯正治療を進めることができます。

綿密な治療計画を立てる

インビザラインでは、独自のシステムを利用して治療シミュレーションを行います。丁寧なカウンセリングと精密検査をもとに、ひとりひとりに合わせて治療計画を組み立てます。さらにシミュレーションツールでは矯正治療後の自分の歯並びを視覚的に確認できるので、なりたい歯並びをイメージできるのは嬉しいポイントです。

自分で取り外しができる

インビザラインは自分で取り外しができます。取り外しができることで歯磨きなどは治療中でもいつも通りにすることができ、十分なブラッシングが可能となります。
また、矯正中に虫歯や歯周病が見つかった場合も、すぐに虫歯治療を行えるので、トラブルが悪化する前に治すことができます。
ただし、決められた装着時間を守らず頻繁にマウスピースを外していると計画通りに矯正が進まず、治療期間が長くなる可能性があるので注意してください。

金属アレルギーの方にも対応

プラスチック製のマウスピースのため金属は使用していません。金属アレルギーの方も安心して矯正治療を受けることができます。

ワイヤー矯正と比べると適応している範囲が限られてしまうマウスピース矯正ですが、インビザラインでの矯正方法は日々進化し、適用症例も増えてきています。
インビザラインでの矯正を希望している方は、一度歯科医院のカウンセリングを受けてみましょう。

軽度な部分矯正に対応「ケンライン」

日本の「ケン・デンタリックス株式会社」が提供しているマウスピース矯正システムが「ケンライン」です。前歯だけを矯正したいなど、部分矯正を行う時におすすめです。

ケンラインでは治療経過に合わせて、マウスピースの硬さを変えていきます。治療を始めてから1週間は、ソフトタイプを利用して歯を動かす準備を整えていきます。2週間・3週間目はハードタイプに切り替えて大きく歯を動かし、歯並びを徐々に整えていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はマウスピース矯正について解説しました。

最適な矯正方法は何か、大切にしたいライフスタイルや治療に対する希望・不安など、カウンセリングを重ねて、希望に合う治療法をドクターと一緒に探していきましょう。

WHITE DENTAL CLINIC