錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「インビザラインの治療期間」についてお話しします。

インビザラインとは歯の矯正を行う際に、透明のマウスピースを装着して歯並びを整える矯正方法です。マウスピースによる矯正はゆっくりと歯を動かして歯並びを整えるので、ワイヤー矯正と比べると、治療が完了するまで少し時間がかかります。

実際にどれくらいの治療期間が必要なのか、気になりますよね。
そんな人のために、インビザラインで矯正する場合の治療期間について解説します。

インビザラインの治療期間

インビザラインによる矯正の場合、平均治療期間は2~3年ほどです。患者さんの歯の状態によっては、もう少し短期間で治療が終わることもあります。

なぜそれほど治療期間が長いのか理由を説明すると、マウスピースは歯を動かす力が弱く、歯を1mm動かすために2ヶ月程度の時間がかかると言われています。

また、歯の矯正は、歯を動かすだけでなく歯の位置を固定させるための「保定期間」があります。この保定期間に1年程度は時間を費やす必要があるので、どうしても治療期間が長くなってしまいます。

インビザラインの治療期間が長引く原因

マウスピース矯正の場合、治療計画通りに歯列矯正を完了するには、ドクターの指示を守るといった患者さんの協力が必要不可欠です。しかし、マウスピースの装着時間が短い、途中で虫歯や歯周病ができたといったトラブルが発生した場合は、予定より治療期間が長引くケースがあります。

マウスピースをただ装着するだけでは歯列矯正は成功しません。治療期間を長引かせないためにも、気を付けるべき点を理解しましょう。

マウスピースを装着している時間が短い

インビザラインによる矯正では、マウスピースを治療段階に合わせて新しい物に交換していきます。マウスピース1つにつき0.25mmほどの歯を動かし、歯並びを整えていくのですが、この時にマウスピースの装着時間が短いと治療計画通りに歯が動きません。

計画通りに歯を動かすためには、1日に20~22時間程度はマウスピースを装着する必要があります。矯正期間が長引く原因になるので、マウスピースの着け忘れなどはしないように注意しましょう。

虫歯や歯周病になってしまう

マウスピースの装着により密閉され、どうしても菌が増えやすい環境になってしまいます。インビザラインでの矯正中に虫歯や歯周病など口内トラブルが発生した時は、虫歯治療が優先されます。

その結果、矯正治療が中断され矯正が計画通りに進まず、治療期間が長引きやすくなります。

虫歯は放置すると症状が進行し、神経まで達する恐れがあります。神経まで進行すると痛みも強くなり、場合によっては抜歯となります。そうなると治療計画を大幅に変更する必要があり、矯正期間も延びてしまいます。

虫歯や歯周病にならないためにも、矯正中にはこれまで以上にケアが大切になることを覚えておきましょう。

マウスピースを紛失してしまう

外出先でマウスピースを外した後、どこに置いたかわからなくなり、失くしてしまったという人は意外と多いです。
そうなると、同じ形状のマウスピースを製作する必要があります。新しく作り直してもらうまで、矯正ができないので治療期間が長引く原因になります。

食事をした時に外したまま、うっかり置き忘れるといったことがないように注意が必要です。また、外した時は専用のケースなどに入れて保管する習慣をつけましょう。

インビザライン矯正を早く終わらせるためには?

インビザライン矯正の治療を計画通りに終わらせるためには、いくつか守っていただきたいルールがあります。

  • 定められた装着時間を守る
  • マウスピースの交換時期を守る
  • 口内ケアは正しく行う

具体的な内容について解説していきます。

定められた装着時間を守る

先ほども述べましたが、インビザラインの治療では決められた装着時間を毎日守る必要があります。基本的に1日20~22時間程度はマウスピースを装着しないと、計画通りに歯を動かすことは難しいです。

食事や歯磨きの時はマウスピースを外しても問題ありませんが、むやみに外さず、短時間だけの取り外しに留めておいてください。

マウスピースの交換時期を守る

インビザラインでの矯正では、歯の動きに合わせて1~2週間程度の頻度でマウスピースを新調します。この時に新しいマウスピースに交換するタイミングがずれると、計画通りに矯正できない可能性があります。

適切なタイミングでマウスピースを交換するので、ドクターと決めた次回の予約日には忘れず通院し、やむを得ずキャンセルした時は早めに次の予約をとりましょう。

口内ケアは正しく行う

インビザラインの治療中に虫歯や歯周病ができてしまうと、矯正治療を一時中断し、虫歯や歯周病の治療を優先させる必要があります。

他の治療を優先すれば、インビザラインの治療が完了する時期も遅くなってしまいます。そうならないためにケアをしっかり行い、口内トラブルのリスクを下げておくことが大切です。

口内を清潔に保てるよう、歯間ブラシやデンタルフロスなどを用いてしっかり口腔ケアをしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はインビザラインの治療期間について解説しました。

インビザラインの治療を計画通りに進めるには、マウスピースの装着時間を守るなど、ご自身の管理がとても重要になります。日頃のケアを意識し、器具が当たって痛みがあるといった場合でも自己判断で外したりせず、まずはドクターに相談することが大切です。
1日でも早くきれいな歯並びを手に入れるためにも、ドクターと二人三脚で治療を進めていきましょう。

WHITE DENTAL CLINIC