錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「インビザラインとワイヤー矯正の比較」についてお話しします。
歯並びを整える歯列矯正には様々な方法があります。
矯正治療を始めようと調べてみると「マウスピース矯正」や「ワイヤー矯正」に関する情報が多いことに気付くのではないでしょうか。

今回は、マウスピース矯正治療において使用されることが多い「インビザライン」による矯正と「ワイヤー矯正」の違いについて解説していきます。それぞれの治療の特性を知り、歯科医と相談しながら自分にあった矯正の方法を見つけましょう。

マウスピース矯正の代表格「インビザライン」とは

マウスピース矯正で使用する装置には色々な種類があります。
その中の一つ、「インビザライン」は日本では2006年から本格的に導入が開始されました。マウスピース矯正でのシェアが増えているため、「インビザライン」という名前を耳にしたことがあるかもしれません。

インビザラインを使った治療では、まずは綿密なカウンセリングと精密検査を行います。シミュレーションツールを使用し、治療による歯並びの変化などを視覚的に確認することができるので、治療後の自分の歯並びをイメージしやすいのが特徴です。

インビザラインは、歯にアライナーと呼ばれる透明なマウスピースをはめ込み、歯の移動の進み具合を確認しながら複数回アライナーを交換し、少しずつ歯を動かしていく矯正装置です。透明に近いマウスピースのため、ワイヤー矯正と比べると目立ちにくいといったメリットがあります。

「クリンチェック」というシミュレーションソフトを使用して治療計画を作り、患者さん一人一人に合ったステップで矯正していきます。数週間ごとにアライナーを交換するので、虫歯になるリスクも少ない治療法です。取り外しができるため、矯正期間中であっても普段通りに食事ができるのもメリットの一つです。ただし、指定された装着時間を守らなければ治療が計画通りに進まず矯正期間が延びてしまうことがあるため、取り外したままで長時間過ごすようなことは避けましょう。

ワイヤー矯正でも目立たない方法がある?表側矯正と裏側矯正の違い

一般的に「矯正」と聞いてイメージされやすいのが「ワイヤー矯正」ではないでしょうか。
歯にブラケットと呼ばれる器具とワイヤーを直接装着し、固定することで歯を動かしていきます。ワイヤー矯正には歯の表側(頬側)に装置をつける「バッカル・ブラケット法」と、歯の裏側(舌側)に装置をつける「リンガル・ブラケット法」があります。

バッカル・ブラケット法

バッカル・ブラケット法は、歯の表側に矯正装置を固定して歯を動かしていきます。
金属のブラケットやワイヤーを使用することが多いため、笑った時や口を開けた時にブラケットやワイヤーが見えてしまい、治療中にコンプレックスをもってしまう方もいらっしゃいます。今は、「なるべく目立たないで矯正治療をしたい」という希望を叶えるため、白いタイプのブラケットやワイヤーを選択できる場合がありますので、カウンセリングの際にドクターに要望を伝えてみてください。

リンガル・ブラケット法

リンガル・ブラケット法は、歯の裏側に矯正装置を固定します。「舌側矯正(ぜっそくきょうせい)」とも呼ばれる方法です。
バッカル・ブラケット法に比べると、周囲から矯正器具を装着していることが気づかれにくく、審美性が気になる方におすすめの矯正方法です。
舌側にブラケットやワイヤーが固定されているので、矯正器具に舌が当たって傷がついたり、言葉が不明瞭になるなどのデメリットもありますが、装置がなじんでいくにつれて症状も薄れていく方が多いと言われています。気になる症状があればドクターに相談しましょう。

矯正中は虫歯になりやすいって本当?

インビザラインとワイヤー矯正の虫歯の発生率を比べた時、インビザラインの方が虫歯になる確率は低くなります。その理由として、インビザラインは治療期間中でも必要に応じて自由に取り外すことができるため、歯磨きなどのメンテナンスがいつもどおりできる点があげられます。
一方、ワイヤー矯正の場合はワイヤーの隙間などにどうしても食べかすやプラークが溜まりやすくなります。長時間、汚れが付着したままになることで虫歯の発生率は高くなります。

矯正方法は違えど、いずれの場合も何もしていないときと比べて矯正治療時は虫歯になる確率が高くなることを念頭に、普段から口内ケアを意識することが大切です。

矯正治療によって痛みが出るタイミングが違う?

矯正治療は、歯を移動することに伴う痛み、器具を装着することで発生する痛みなど、避けられない痛みと上手に付き合う必要があります。どの矯正方法を選択してもそういった痛みは伴いますが、治療法によって痛みが出る時期やピークが異なりますので参考にしてみてください。

インビザラインは装着初日に強い痛みが出やすい傾向にありますが、歯が移動するスピードがゆっくりですのでワイヤー矯正に比べると歯が動くことによる痛みは少ないと言われています。
ワイヤー矯正では装着2日目以降に痛みを感じる方が多いようですが、それは歯が正常に移動している証でもあります。その痛みは時間が経過すれば引いていくことがほとんどです。

痛みには個人差があります。眠れないほどの痛みや、日常生活に支障を来してしまうような強い痛みがある時は、掛かりつけの歯科医院に相談しましょう。

まとめ

矯正治療には、長い時間と安くはない費用がかかります。また、矯正治療期間中は食事や口腔ケアにこれまで以上に気をつかったり定期的な通院が欠かせないため、日々の生活にも多少なりとも影響がでることもあるでしょう。矯正治療は生涯のうちに何回も繰り返すような治療ではありません。だからこそ、自分に合った矯正方法を知り、何を優先して矯正治療を行いたいかをよく考慮して選ぶことが大切です。
また、矯正する歯列の状態によって最適な矯正方法は変わります。歯科医と相談しながら、自分に合った矯正方法で、綺麗な歯並びを手に入れましょう。

WHITE DENTAL CLINIC