錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「マウスピース矯正の後戻り」についてお話しします。

矯正治療の「後戻り」とは、矯正治療によって綺麗に整った歯並びが、治療終了後に元に戻ろうとする現象のことです。

近年注目を集めるマウスピース矯正が、後戻りしやすいのか気になっている方もいるでしょう。

そこでマウスピース矯正は後戻りしやすいのか、後戻りが起こる理由や対策方法などを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

矯正治療後に後戻りするのはなぜ?

マウスピース矯正に限らず、矯正後に後戻りをする理由は、矯正治療が終わった直後の歯は周囲の骨が安定しておらず、とても不安定であるからです。不安定な状態のままにしてしまうと、治療する前の場所に歯が戻ろうとする力が働き、後戻りすることがあります。

また、矯正治療の有無にかかわらず、歯並びは年齢と共に変化するものです。良い方向へ働くと綺麗な歯並びになりますが、様々な理由から後戻りをすることも少なくありません。

このように元に戻ろうとする動きは、マウスピース矯正に限った現象ではありません。ワイヤー矯正やその他の矯正方法、加齢でも、起こることがあります。

マウスピース矯正は後戻りしやすい?しにくい?

結論からいうと、マウスピース矯正は一般的なワイヤー矯正に比べて後戻りしやすいわけでも、特別しにくいわけでもありません。

どのような矯正方法を行っても、同じ程度に元に戻ろうとすることがあります。そのため、マウスピース矯正だからといって、必要以上に心配しすぎる必要はありません。

大切なことは、矯正終了後に後戻りを防ぐ対策をとり、綺麗な歯並びを維持できるように努めることです。

マウスピース矯正治療後の後戻りを防ぐ方法は?

保定装置(リテーナー)を正しく装着する

矯正方法にかかわらず、矯正治療後は「リテーナー」と呼ばれる歯並びを固定するための保定処置を行います。ドクターの指示に従い、正しくリテーナーを装着していると後戻りを防げるでしょう。

リテーナーにも種類がありますが、一般的にリテーナーは約3年間、1日20時間以上装着する必要があります。後戻りをしてしまう方の中には、自己判断で装着時間を短くしたり、装着自体を止めてしまったりする例も少なくありません。

マウスピース矯正を行ってきた方は、マウスピース型の保定装置であれば違和感なく使用できると思いますが、綺麗な歯並びを維持するためにも、矯正終了後も引き続き保定装置を正しく装着しましょう。

日常のお口に関する悪習慣を見直す

歯並びが気になる方は、もともと顎や歯に負担をかける悪い習慣を無意識に行っている可能性があります。その習慣を改善しないと、リテーナーをしていても後戻りすることが考えられます。

具体的には、以下のような習慣が後戻りの原因になります。

  • 頬杖をつく
  • 日常的に横向きに寝る
  • 口呼吸をしている
  • 舌で歯を押す癖がある など

後戻りを予防して綺麗な歯並びを目指すため、日頃の習慣を意識するようにしてみてください。これから矯正治療をお考えの方で上記の悪習癖がある場合は、治療開始前または治療中に改善できるといいでしょう。

歯磨きやお口のケアを徹底する

後戻りを防ぐためには、マウスピース矯正が終わった後も歯を丁寧に磨き、定期的に歯科医院を受診するようにしましょう。お口のケアがおろそかになると、歯に汚れがたまりやすくなり、歯周病のリスクが高まります。

歯周病は、長引くと歯を支えている骨を溶かす恐れのある病気です。歯の周りの骨が不安定になると、歯が不安定になり、後戻りしやすくなります。

丁寧に歯磨きをしていても、落とし切れない汚れはあるものです。歯周病を悪化させないためにも、半年に1度は歯科医院を受診することが望ましいでしょう。

さらに親知らずがある方は、他の歯を圧迫して歯並びを悪くする原因になることがあります。子供のときに矯正をして親知らずが残っているという場合は、親知らずの抜歯を歯科医院から提案されることもあるでしょう。

マウスピース矯正で後戻りを疑ったら

マウスピース矯正後に後戻りを感じたら、なるべく早めに歯科医院に相談することをおすすめします。歯並びは自力で直すことは難しく、時間が経つほど後戻りが悪化する可能性もあります。

万が一、後戻りが発生しても、早期に治療を開始すると治療期間が最初の矯正よりも短くてすむことが大半です。なお、最初の治療がマウスピース矯正だった人は、再びマウスピース矯正で治療することが多いでしょう。

ただし歯並びの状況によっては、ドクターからワイヤー矯正を提案されるときもあります。まずは、歯科医院に相談してみてください。

まとめ

マウスピース矯正は後戻りしやすいわけではありませんが、全くないわけではありません。

マウスピース矯正後はドクターの指示に従い、保定装置(リテーナー)を正しく装着するようにしましょう。また歯周病を予防して歯の健康を維持するためにも、丁寧な歯磨きと定期的な歯科検診を心掛けてください。

些細なことでも後戻りで不安を感じたら、ドクターに相談することが大切です。

WHITE DENTAL CLINIC