錦糸町駅徒歩3分のホワイトデンタルクリニック錦糸町院です。
今回は「見えない矯正」についてお話しします。
歯並びが悪い人の中には、矯正をしたいと思っても、矯正装置をつけることに抵抗を感じる人もいます。

確かに、矯正装置をつけると目立つイメージがありますし、ワイヤー矯正は目立ちやすいのがデメリットです。
しかし、矯正にはさまざまな方法があり、中には目立ちにくい治療法もあるのです。
それは見えない矯正と呼ばれるもので、ここではそんな見えない矯正の方法について解説していきます。

マウスピース矯正

見えない矯正の一つとなるのが、マウスピース矯正です。
マウスピース矯正では、マウスピースが矯正装置となっており、自分で取り外しすることが可能です。
そのため、歯磨きや食事の時に外すことができ、日常生活に不便さを感じにくいメリットがあります。

さらに、マウスピースは透明ですから、目立ちにくくなっています。
そもそも、スポーツマウスピースを使用する人もいますから、マウスピースの装着自体が不自然ではないのです。
マウスピースには、インビザラインやアソアライナーなど、さまざまな種類のものが存在します。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリットをまとめると、次のようになります。

矯正装置が目立ちにくい

矯正装置であるマウスピースは透明です。
そのため、ワイヤー矯正に比べて目立ちにくく、周囲に知られることなく矯正することが可能です。

矯正装置を取り外しできる

マウスピース矯正では、マウスピースを取り外しできる仕様になっています。
食事の時に外せることで食事制限がなく、歯磨きの時に外せることでむし歯を予防しやすくなります。

マウスピースのデメリット

マウスピースの矯正のデメリットをまとめると、次のようになります。

必要な装着時間は決められている

マウスピースを自分で取り外しできるものの、必要な装着時間は決められています。
そのため、「好きな時に好きなだけ外せる」と思ってしまうと、不自由さを感じてしまうでしょう。

難しい症例には対応できない

歯を移動させる力において、マウスピース矯正はワイヤー矯正に劣ります。
デコボコした難しい症例の場合、マウスピース矯正では対応できない可能性があります。

舌側矯正

従来のワイヤー矯正でも、見えない矯正の方法があります。
それは舌側矯正と呼ばれるもので、この治療法では矯正装置を舌側につけます。
つまり、歯の裏側につけることになるため、矯正装置が目立ちにくいのです。

マウスピース矯正も、見えない矯正と呼ばれていますが、
舌側矯正で使用するのはワイヤーになるため、歯を移動させる力も強いのです。
周囲に知られることなく矯正が可能ですから、テレビに出演している人がつかっているケースもあるでしょう。

舌側矯正のメリット

舌側矯正のメリットをまとめると、次のようになります。

矯正装置が目立ちにくい

ワイヤーの矯正装置を使用しますが、歯の裏側につける仕様になっているため、
従来の表側矯正に比べて、矯正装置が目立ちにくくなります。

舌癖を改善しやすくなる

「舌で歯を押し出す」などの舌癖は、歯並びや噛み合わせが悪くなる原因です。
舌側矯正なら、矯正装置によって舌の癖を行いにくくなるため、このような癖の改善が見込めます。

むし歯を予防しやすい

矯正装置をつけている場所は、歯磨きがしづらく、むし歯になりやすいという問題があります。
しかし、舌側矯正では、矯正装置が常に唾液に浸される状態になるため、矯正中のむし歯を予防しやすくなります。

舌側矯正のデメリット

舌側矯正のデメリットをまとめると、次のようになります。

発音がしづらい

舌側に矯正装置をつけることで、発音のしづらさを感じる人もいます。
もっとも、これは慣れによって解消できる問題であり、矯正中ずっと続くデメリットではありません。

違和感がある

舌側に矯正装置がついていると、どうしても違和感があるでしょう。
とはいえ、これも慣れによって解消できますし、不慣れな状態では表側矯正でも違和感はあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正についてまとめます。

1. マウスピース矯正 :取り外しタイプのマウスピースをつけて矯正する治療法
2. マウスピース矯正のメリット :矯正装置が目立ちにくい、矯正装置を取り外しできる
3. マウスピース矯正のデメリット :必要な装着時間は決められている、難しい症例には対応できない
4. 舌側矯正 :ワイヤーを舌側(歯の裏側)につけて矯正する治療法
5. 舌側矯正のメリット :矯正装置が目立ちにくい、舌癖を改善しやすくなる、むし歯を予防しやすい
6. 舌側矯正のデメリット :発音がしづらい、違和感がある

これらのことから、見えない矯正について分かります。
マウスピース矯正や舌側矯正なら、矯正装置が目立ちにくく、周囲に知られずに矯正することが可能です。
矯正装置をつけることを理由に矯正を断念していた人は、このような方法があることを知っておくと良いでしょう。

WHITE DENTAL CLINIC