変色した歯は歯磨きで白く戻せますか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。 

今回は「歯の変色と改善方法」についてお話しします。

白くて美しい歯は誰もが憧れるもので、歯が変色している人は尚更でしょう。

最も、例え変色していても歯が健康なケースは多々ありますが、

それでも歯が変色していると見た目が悪くなってしまいます。

では、このように変色した歯は歯磨きで白く戻せるのでしょうか。

歯の変色のケース

歯の変色には、次の2つのケースがあります。

  • 歯の表面が変色している
  • 歯の象牙質が変色している

まず歯の表面の変色ですが、これは飲食物が原因で変色しているケースですね。

コーヒー、お茶、ワイン、カレーなどが着色して歯が変色しています。

一方、象牙質の変色は歯の表面の奥が変色しているケースです。

歯磨きで歯を白くできるケース

歯磨きで歯を白くできるのは、歯の表面が変色しているケースのみです。

これは考えてみれば簡単なことで、歯磨きで磨けるのは歯の表面のみであり、

つまり歯磨きで対処できるのは歯の表面が変色しているケースのみと言えるでしょう。

最も、この場合も「歯磨きで歯を白くできる」と表現するのは正確ではなく、

「歯磨きで歯を元の色に戻せる」が正しい表現になります。

いくら歯の表面の変色を落としても、象牙質が白くなければ歯は白くならないですからね。

象牙質を白くする方法

象牙質を白くするには歯磨きでは不可能であり、ホワイトニングをしなければなりません。

ホワイトニングは薬剤によってエナメル質を構造変化させ、

本来の透明ガラス状から曇りガラス状へと変えて、変色した象牙質を映らなくさせる治療方法です。

おそらく、皆さんが想像する「歯を白くする方法」は歯磨きではなくこのホワイトニングでしょう。

また、ホワイトニングの過程で歯の表面の変色も除去できるため、

文字どおり歯を白くする…正確には歯を白く映すことが可能です。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには次の3つの種類があり、それぞれ効果に違いがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、医師が薬剤を取り扱うため高濃度のものを使用できます。

そのため効果が出るのが早いのですが、後戻りするのも早く、持続期間は3ヶ月~6ヶ月程度です。

最も、ホワイトニングは重ねて行えるため、定期的に行うことで白さを維持できます。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングで、使用する薬剤など一式は歯科医院での受け取りになります。

薬剤の濃度が薄いため、効果が出るまで時間がかかるものの、一方で持続期間が長い特徴があります。

ホームホワイトニングを行う場合、1日2時間ほどマウスピースの着用が必要です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したホワイトニングであり、

そのため効果が出るのも早く、さらに持続期間も長く、ホワイトニングの中で最も優れた方法です。

ただしその分だけ費用は高く、デュアルホワイトニングはとことん白さにこだわりたい人におすすめです。

ホワイトニングで白くできないケース

象牙質の変色に対してホワイトニングは有効ですが、次のケースの変色においてはあまり効果がありません。

テトラサイクリンの影響で変色した歯

テトラサイクリンとは、ひと昔前に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質です。

このテトラサイクリンの影響で歯が変色した場合、ホワイトニングをしてもあまり白くなりません。

神経を失って変色した歯

神経を失った歯は脆くなるだけでなく、見た目も黒く変色します。

そして、この場合の変色においてはホワイトニングをしてもほとんど白くなりません。

人工の歯

入れ歯、詰め物、被せ物などの人工物はホワイトニングしても白くなりません。

人工物の白さにこだわるのであれば、素材としてセラミックを選びましょう。

まとめ

最後に、歯の変色と改善方法についてまとめます。

1. 歯の変色のケース :歯の表面が変色しているケース、歯の象牙質が変色しているケースの2パターン

2. 歯磨きで歯を白くできるケース :歯磨きで対処できるのは、歯の表面の変色のみ。

3. 象牙質を白くする方法 :ホワイトニング。エナメル質を構造変化させて、象牙質の変色を隠す

4. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング

5. ホワイトニングで白くできないケース :テトラサイクリンの影響で変色した歯、神経を失った歯など

これら5つのことから、歯の変色と改善方法について分かります。

そもそも歯磨きは歯の表面を磨くためのものであり、その奥を磨くことはできません。

奥の象牙質を白くするにはホワイトニングが有効で、白く美しい歯にできます。

また、ホワイトニングには歯科医院で行うものだけでなく自宅で行うものもあり、

これらはそれぞれオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングと呼ばれる方法です。

さらに、これらを併用したデュアルホワイトニングと呼ばれる方法もあります。