奥歯をセラミックにしても割れませんか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「セラミックの種類とそれぞれの特徴」についてお話しします。
セラミックは審美性が高く、そのため近年ではセラミック治療を希望する人が増加傾向にあります。

しかし、セラミックは陶器ですからその強度に不安を感じる意見も少なくなく、
確かに金属と違って陶器は割れるイメージがあるかもしれません。
最も、セラミックは充分な安全性が認められており、強度においても大きな問題はありません。

セラミックの強度について

可能性で解説すれば、確かにセラミックは割れることや欠ける可能性がありますし、
実際にセラミックを使用して割れてしまった、もしくは欠けてしまった人がいることも事実です。
特に噛む力の強い奥歯の場合、あまり強く噛んでしまうと割れてしまうことがあるでしょう。

ただ、このようなセラミックの欠点においては対処もなされており、
強度の高さを特徴としたセラミックも存在するのです。
また、素材の寿命…すなわち耐久性においてはむしろ金属以上に長持ちしやすくなっています。

メタルボンド

セラミックの種類の一つであるメタルボンドは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、
「外見がセラミックで中身が金属」とイメージすると分かりやすいと思います。
最も、セラミックでありながら金属を使用している点は短所と捉える意見が多いですね。

確かに、金属を使用していれば金属アレルギーの対象になりますし、
見る角度によっては金属が見えてしまうため、審美性においても気になる部分があるでしょう。
ただし金属を使用している分だけ強度は高く、メタルボンドは頑丈なセラミックとされています。

ジルコニアセラミック

セラミックの種類の一つであるジルコニアセラミックは、人工ダイヤモンドを使用したもので、
「ダイヤモンド」から想像できるとおり強度の高さが特徴のセラミックです。
硬すぎるとされるほど硬く、そのため奥歯にも安心して使用できるでしょう。

さらにジルコニアセラミックはメタルボンドに比べて審美性が高く、
金属も使用していないため金属アレルギーの人でも使用可能です。
イメージとしてはメタルボンドの上位モデルであり、その分費用は高くなります。

オールセラミック

セラミックの種類の一つであるオールセラミックは、文字どおり100%セラミックでできており、
実は100%セラミックでできているタイプはこのオールセラミックのみになります。
全てのセラミックの中で最も審美性が高く、また耐久性と強度においても優れています。

ジルコニアセラミックやメタルボンドのように強度を特徴としたセラミックではないものの、
長持ちしやすく割れにくい点からやはり奥歯でも安心して使用できるでしょう。
そのため、オールセラミックもまた強度を気にする人におすすめです。

その他のセラミック

強度を特徴としたものではないものの、メタルボンド、ジルコニアセラミック、オールセラミック以外にさらに2つの種類のセラミックがあります。

ハイブリッドセラミック(自由診療)

レジンの微粒子にセラミックを練り込んだもので、セラミックの種類の一つではあるものの、
素材としてはレジンとセラミックの中間にあたると解釈すれば良いでしょう。

レジンを使用しているため変色も起こりますが、費用が安くお手軽なセラミックです。

ハイブリッドセラミック(保険診療)

厳しい基準が定められているものの、それを満たしていればセラミックに健康保険の適用が可能です。
その場合はハイブリッドセラミックになりますが、保険診療のハイブリッドセラミックは従来のものに比べて審美性と耐久性が劣ります。

※セラミックにおける健康保険の適用は厳しく、対象となる歯の箇所なども指定されています。
このため、健康保険適用のセラミックを希望する際は、医師に相談してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類とそれぞれの特徴についてまとめます。

1.セラミックの強度について:割れてしまうこともあるが、強度の高さを特徴としたものもある
2.メタルボンド:金属のフレームを使用しているため、金属としての強度を備えている
3.ジルコニアセラミック:人工ダイヤモンドを使用しているため強度が高く、審美性も高い
4.オールセラミック:100%セラミックでできており、審美性・耐久性・強度いずれも高い
5.その他のセラミック:ハイブリッドセラミックには自由診療のものと保険診療のものがある

これら5つのことから、セラミックの種類とそれぞれの特徴について分かります。
メタルボンドやジルコニアセラミックなど強度を特徴としたセラミックも存在しますし、
仮に割れてしまったり欠けてしまったりした場合も修理することが可能です。

そのため、セラミックにおける強度はそこまで心配する必要はないですし、
セラミックなら虫歯の再発も予防しやすくなるでしょう。
セラミックのメリットは審美性の高さだけではないのです。