治療前

治療中

治療後

主訴 「定期検診を受けたい」とご相談いただきました。

 

診断結果 拝見したところ、銀歯の縁が黒ずんでおり、むし歯が進行している可能性がありました。
患者様にお伝えしたところ詳細なチェックをご希望され、銀歯を外してチェックした結果、銀歯の下でむし歯が進行していたため、むし歯治療を行うことになりました。

 

治療内容 むし歯が見つかった歯は奥歯で、患者様は白くて強度のある素材の詰め物をご希望でした。
そのため、今回は最も強度のあるジルコニアセラミックでの治療となりました。

 

ジルコニアセラミックは、極めて高い強度が特徴ですが、見た目においては他の歯と少し差異が出る場合があります。

色味の調整が難しい素材であるものの、強度を優先した治療になりました。

治療期間 2週間 2回
費用 198,000円(税込)

 

経過 治療後は痛みや違和感などなく、現在も定期検診にてご通院いただいています。
この治療のリスク ・セラミックは、想定外の負荷がかかることにより割れる、欠ける場合があります。
・治療箇所は治療後も適切なメンテナンスを行わない場合、むし歯が再発する可能性があります。
クリニックより 高強度のジルコニアセラミックでの治療は、詰め物自体が割れるリスクは低減できますが、金属に近い強度を持つため、精密に噛み合わせの調整を行わないと他の歯に影響が出る場合があります。

 

また素材自体がとても硬いため、加工が難しく、本来歯と接着しにくいという性質があります。

当院ではこの前提を踏まえ、適切な形成を行い、他の歯とのバランスを十分に考慮した制作を行っています。

接着においても、用いるセメントの選定や歯そのものへの適切な内面処理及び接着面積と維持力の確保を重要視しています。

WHITE DENTAL CLINIC