治療前

治療中

銀歯を外したところ、中で虫歯が進行していました。

治療後

主訴 「銀歯の横に穴が空いている」「歯が割れてしまっている」とご相談いただきました。
診断結果 拝見したところ、過去に他院で入れた銀歯が接着していたセメントの劣化によって浮いてしまっている状態でした。
そのため、わずかに上下して周囲の歯を傷つけており、歯の一部が欠けているのが認められました。
治療内容 銀歯を外して中の虫歯を除去し、白いセラミックでの治療をご提案しました。
治療期間 2週間 2回
費用 77,000円(税込)
経過 経過は良好で、虫歯も再発していません。
白い仕上がりにもご満足いただけています。
現在も定期検診で通院いただいています。
この治療のリスク セラミックは想定外の負荷がかかると割れる・欠ける場合があります。
クリニックより 一度治療した歯が再度虫歯になるのは、詰め物や被せ物と歯との間にできるわずかな隙間が原因です。この隙間から細菌が入り込み、虫歯になってしまいます。

 

当院では摩耗に強いセメントを用いた上で、更に接着力を高めるために歯に対しても特殊な前処理を施しています。
また、できる限り隙間なく詰めることで再発率をコントロールしています。

WHITE DENTAL CLINIC