治療前

治療後

主訴 「銀歯を白くしたい」とご相談いただきました。
診断結果 銀歯を外してみたところ、銀歯が入っていた歯の隣の歯が虫歯になっていました。
治療内容 銀歯は白いセラミックで治療し、虫歯になっていた隣の歯は精密に削って自由診療で用いるレジン(ダイレクトボンディング)を使って詰める治療をご提案しました。
治療期間 2週間 ダイレクトボンディング1回、セラミック2回
費用 77,000円(税込)
経過 虫歯も無事完治し、再発はしてません。
白いセラミックにもご満足いただき、現在も定期検診に通院いただいています。
この治療のリスク 治療後も継続的なケアが必要です。ケアが不十分な状態が続くと虫歯の再発につながります。

 

セラミックは想定外の負荷がかかると割れる・欠ける場合があります。

クリニックより 今回虫歯になっていた部位は歯と歯の間で、治療が終わった後に虫歯が再発すると確認が大変難しい場所でした。

 

そのため、そもそも再発させないための工夫が必要であり、精密に削ることはもちろん、詰め物の選択においても再発しにくい材料を選ぶことが大切です。

WHITE DENTAL CLINIC