インプラントのメリットとデメリットを分かりやすく解説

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「インプラントのメリット・デメリット」についてお話しします。
患者さんにとって自由診療を受けるか受けないかは、その治療のメリットとデメリットが基準になります。

たとえば、インプラントは歯を失った時に行う治療ですが、
「人工の歯で対処する」という点においては保険診療の入れ歯でも対応可能です。
そこで自由診療のインプラントを選択する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット1. 天然の歯に近い感覚を得られる

インプラントにすれば、天然の歯に近い感覚を得られます。
その理由は、人工の歯だけでなく歯の根も再現しているからで、
人工の歯の根を埋め込むことで、その上に装着する人工の歯が安定するのです。

入れ歯の場合は被せるだけですから、見た目は天然の歯に近くても外れてしまいます。
一方、インプラントは人工の歯の根があることで外れないようになっており、
咬合力も高く、天然の歯に近い感覚で噛むことができるのです。
 

メリット2. 取り外しが必要ない

そもそも、インプラントは取り外すことができません。
入れ歯の場合は装着したまま寝ることができないですし、外した際には洗浄などの管理が必要です。
その点、インプラントは装着したまま外すことなく毎日を過ごすことができます。

もちろん、歯磨きなどのケアは必要ですし、ケアを怠ればインプラント周囲炎を引き起こしてしまいます。
しかし、天然の歯同様のケアをすれば問題なく、入れ歯のように取り扱いを管理する必要もありません。
このように毎日のケアにおいて手間がかからない点も、インプラントのメリットといえるでしょう。
 

メリット3. 人工の歯であることを知られにくい

歯を失った人はそのことがコンプレックスになりやすく、堂々と入れ歯であることを明かす人はいないでしょう。
しかし、いくら入れ歯であることを隠しても、次の理由から知られてしまう可能性が高いのです。
 

  • 宿泊した場合は夜に外さなければならない
  • 会話や食事をしている時に外れてしまうことがある
  • 噛む力に限界があるため、天然の歯のような食事ができない
  • 不自然な発音になってしまうことがある

 
一方、インプラントにこのような問題はなく、他人が見ても人工の歯とは気づかないですし、
見た目だけでいえば天然の歯以上に美しく見えるのではないでしょうか。
もっとも、いくらインプラントでも家族に隠すことは不可能でしょう。
 

デメリット1. 費用が高い

インプラントの最大の欠点といえるのが、費用の高さです。
これはインプラントが自由診療であることが理由であり、さらに費用そのものも高いのです。
実際の費用は歯科医院によって異なりますが、相場を挙げれば1本30万円以上になります。

もっとも、歯を失った理由・身体の状態によっては健康保険の適用も可能ですが、
その基準は複雑で細かく定められているため、医師に相談してみると良いでしょう。
少なくとも、虫歯や歯周病で歯を失った場合は例外なく自由診療になります。

 

デメリット2. 身体・精神面への負担が大きい

インプラントの治療内容は手軽とはいえず、治療において顎の骨に穴をあけるための手術が必要です。
そのため麻酔を使っての治療になりますし、手術に対する不安を抱く人も多いでしょう。
もちろん、手術を行う点で身体にも負担がかかり、体調によっては治療を受けられないこともあります。

一方、入れ歯簡単にできる治療であり、治療における痛みや不安などを感じる要素はありません。
手術という方法で治療を行う以上、どうしても100%の治療成功は断言できないため、
その点が気になる人にはインプラントはおすすめできない治療です。

 

デメリット3. 通院において不自由さがある

インプラントを希望する場合、まずインプラントに対応した歯科医院で治療を受ける必要があり、
人によっては該当する歯科医院がなく、遠くに通院しなければならないケースもあるでしょう。
また、通院期間も短くなく、治療後もメンテナンスのための通院が必要です。

そのため、たとえば高齢の人が体力的な理由で通院が困難と判断された場合、
インプラントを希望しても治療を受けられないことがあります。
一方、入れ歯は治療内容として手軽なため、多くの歯科医院で対応しています。

 

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントのメリット・デメリットについてまとめます。
 
メリット1. 天然の歯に近い感覚を得られる :人工の歯の根を再現していることで安定性・咬合力が高い
メリット2. 取り外しが必要ない :入れ歯のように毎日外す必要がなく、自然に外れてしまうこともない
メリット3. 人工の歯であることを知られにくい :見た目、使い勝手ともに天然の歯に近い
 
デメリット1. 費用が高い :基本的に自由診療になるため、インプラントの費用は高い
デメリット2. 身体・精神面への負担が大きい :治療において手術が必要になる
デメリット3. 通院において不自由さがある :インプラントに対応した歯科医院に通院しなければならない
 
これらのことから、インプラントのメリット・デメリットについて分かります。
どのメリットを優先して、どのデメリットを避けるのかは患者さん次第です。
歯を失った場合の治療にはインプラント・入れ歯・ブリッジなどの選択肢があるため、
それぞれの治療の特徴を考慮して自分に最も合った方法を選びましょう。