歯を失った時は、どのような治療で対処するのですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「歯を失った時の治療方法」についてお話しします。
歯を失った場合、そのままにしておくと隣接していた歯が傾いてしまいます。

そのため、虫歯や歯周病で歯を失った場合はもちろんこれらの治療も必要ですし、
それとは別に失った歯への対処もしなければなりません。
そこで、ここでは歯を失った時の治療方法について解説していきます。

入れ歯

選択肢の一つになるのが、入れ歯です。
歯を失った箇所、もしくはその周囲に留め金を使って引っ掛けて入れる方法で、
歯を失った時の対処として最もオーソドックスな方法です。

入れ歯の場合は保険診療になるため費用が安く、また簡単な治療になるため手軽さがメリットになりますが、
一方で審美性は高くなく、歯を失った箇所によっては金具が見えてしまいます。
また、機能性においても高くなく、噛む力となる咬合力は天然の歯の3割程度になります。

つまり、入れ歯を選択した場合の特徴は次のようにまとめることができます。
 

  • 手軽:保険診療で費用が安く、治療における身体への負担も小さい
  • 審美性が低い:角度によっては入れ歯の留め金が見えてしまう上に、入れ歯は外れることもある
  • 咬合力が低い:天然の歯の3割程度の力のため、あまりかたいものを噛むことはできない

 

ブリッジ

入れ歯との違いが分かりにくい人も多いかもしれませんが、ブリッジも選択肢の一つです。
ブリッジは歯を失った箇所の両隣を削り、その上に橋をかけるように被せる治療方法になります。
入れ歯同様に健康保険が適用されるものの、そのためにはいくつかの基準を満たす必要があります。

また、素材次第でブリッジは審美性を高めることができるため、その点は入れ歯に比べてメリットになりますが、
一方で構造上健康な歯を削る必要があり、周囲の歯にダメージを与えてしまうのがデメリットです。
そもそも、ブリッジは連続して歯を失ってなければ対応できない治療になります。

つまり、ブリッジを選択した場合の特徴は次のようにまとめることができます。
 

  • 入れ歯よりも審美性が高い:素材にこだわれば、人工の歯の見た目を美しくすることができる
  • 歯を削る必要がある:隣接した歯を削る必要があり、健康な歯を傷つけてしまうことがある
  • 症例が限られる:連続して歯を失った場合でなければ、そもそもブリッジで対応することは不可能

 

インプラント

インプラント体を呼ばれる人工の歯の根を埋め込み、高い安定性と審美性を再現した治療方法です。
歯の根を再現していることで噛む感覚も天然の歯に近く、咬合力が高いことで食事に不自由さを感じないでしょう。
このように、審美性・機能性においてはメリットが目立ちますが、一方で治療内容におけるデメリットが目立ちます。

まず自由診療になるため費用が高く、相場は1本あたり30~45万円ほどになります。
また、治療の過程で顎の骨に穴をあける手術を行うため、身体や精神面に負担がかかってしまうでしょう。
治療に対応できる歯科医院も限られていますし、通院期間も長くなります。

つまり、インプラントを選択した場合の特徴は次のようにまとめることができます。
 

  • 審美性・機能性が高く、人工の歯としての品質は非常に高い
  • 治療において手術を行うため、身体や精神面に負担がかかる
  • 費用が高く治療期間も長いため、治療における手軽さがない

 

おすすめの対処法

歯を失った時には3つの対処方法がありますが、どれがおすすめなのかは患者さんの要望次第です。
例えば、費用の安さを優先するなら入れ歯一択でしょうし、
費用がかかっても人工の歯としての完成度を優先するならインプラントでしょう。

間違いのない選択をするには、それぞれの治療方法のメリット・デメリットを把握することです。
その上で、自分がどのメリットを優先してどのデメリットを避けるのかを考え、
自分の希望に合った治療方法を選択するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失った時の治療方法についてまとめます。

1. 入れ歯 :最もオーソドックスな方法で、治療の手軽さがメリットな一方、歯の完成度はそれほど高くない
2. ブリッジ :素材にこだわれば審美性も高くなる。連続して歯を失った場合に対応できる治療方法
3. インプラント :審美性・機能性ともに申し分ない完成度だが、費用が高く治療内容に手軽さがない
4. おすすめの対処法 :優先したいメリット、避けたいデメリットによって決まる

これら4つのことから、歯を失った時の治療方法について分かります。
歯を失った場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラントのいずれかで対処することになり、
患者さんが好きな方法を選択することができます。

ただし、インプラントは対応できる歯科医院が限られているため、
インプラントを希望する場合はあらかじめ対応できる歯科医院を調べておく必要があるでしょう。
歯を失った時にはそのまま放置せず、必ずこれらの方法で対処するようにしてください。