インプラントができない人もいるのですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「インプラントができない人」についてお話しします。
インプラントは天然の歯に近い感覚を得られる点で、メリットの大きな治療です。

その反面、入れ歯やブリッジと比べて患者さんにとって負担のかかる治療であり、
誰でも受けられるわけではないというのが治療における欠点といえるでしょう。
そこで、ここではインプラントできないケースについて解説していきます。

若い人や高齢の人

若い人というのは成長期に当てはまる人を意味しており、
この場合はインプラントの治療期間の中で顎の骨が成長する可能性があります。
そうすると、治療前・治療後で顎の骨の状態が異なってくるため、インプラントに不具合が生じるかもしれません。

また、高齢の人は体力的に問題があることが考えられ、
治療における手術・長期間の通院に耐えられない可能性があります。
このような理由から、若い人や高齢の人はインプラントできないと判断される可能性があるのです。

歯周病が重症化している人

インプラントでは歯の根を人工的に再現しますが、そのためには顎の骨に穴をあけて人工の歯の根を埋め込みます。
つまり、インプラントを行う上で顎の骨の健康状態は非常に重要であり、
歯周病を患っていてなおかつ重症化している人は、インプラントができない可能性があります。

というのも、歯周病は歯の骨の病気であり、重症化している場合は多量の骨が溶かされてしまっているからです。
歯の骨が多量に溶かされていると、人工の歯の根を埋め込むことができないためインプラントができません。
この場合、充分な骨の量を確保する必要があるため、骨移植・骨の再生療法などで対処することになります。

糖尿病を患っている人

糖尿病を患っており、なおかつ血糖値がコントロールできない人はインプラントができません。
この場合、インプラントによる手術のリスクが高まるのが理由であり、
糖尿病の人だと手術による傷口の回復が遅い上に、血糖値が高いことで感染症のリスクも高まります。

そのため、インプラントをすることができないですし、
インプラントに限らず出血を伴うような大きな治療全般ができない状態です。
仮にインプラントできたとしても歯周病にかかりやすいため、インプラント周囲炎の発症リスクが高まります。

骨粗しょう症の人

上記で解説したとおり、インプラント可否の判断のポイントとして歯の骨の健康状態が重要です。
そのため、歯周病が重症化している人はインプラントができないのですが、
同様の意味で、骨が脆くて骨密度が低い骨粗しょう症の人もインプラントができません。

ただし、この場合は骨の状態に問題があることがインプラントできない理由ですから、
対処さえできればインプラントは可能であり、例えば骨移植を行うという方法もあるでしょう。
もちろん確実に対処できるとは断言できませんが、できる可能性がある以上、医師に相談してみるといいでしょう。

妊娠している女性

絶対にインプラントができないというわけではないですが、妊娠中の女性にインプラントはおすすめできません。
妊娠すると体調面はもちろん、精神面も不安定になりやすく、
身体的・精神的に負担のかかるインプラントの治療を行うのはリスクが高すぎるのです。

例えばインプラントの手術に対して過度な不安を抱いてしまえば、流産の原因になってしまう可能性があります。
また、治療の過程でのレントゲン撮影、麻酔、薬の処方などにも気を配る必要があるでしょう。
そもそも、敢えて妊娠中というタイミングでインプラントをすることにメリットがありません。

喫煙している人

喫煙している人は人工の歯の根を埋め込んだ時に骨と定着しづらく、治療が失敗するリスクが高まります。
さらに、インプラントにしている人が喫煙するとインプラント周囲炎が発症しやすく、インプラント後においてもタバコは天敵といっても過言ではありません。

例え禁煙してもそれが一時的なものなら、インプラント後に問題が発生する可能性があるため、
インプラントするからには完全に禁煙しなければなりません。
これらの理由から、ヘビースモーカーの人はまずインプラントはできないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントができない人についてまとめます。

1. 若い人や高齢の人 :成長期による顎の骨の変化、治療や通院における体力面の問題などが理由
2. 歯周病が重症化している人 :多量の骨が溶かされていることで、人工の歯の根を埋め込めないのが理由
3. 糖尿病を患っている人 :手術の傷の回復が遅く、感染症のリスクが高いのが理由
4. 骨粗しょう症の人 :骨の健康状態から、人工の歯の根を埋め込めないのが理由
5. 妊娠している女性 :体調面・精神面が不安定な状態だと、流産のリスクがあるのが理由
6. 喫煙している人 :人工の歯の根と骨が定着しない、治療後にインプラント周囲炎が起こりやすいのが理由

これら6つのことから、インプラントができない人について分かります。
ちなみに、これら6つのことは絶対というものではなく、あくまで判断するのは医師です。
そのため、医師によってインプラントができると判断される可能性がありますが、
おすすめできない状態であることは事実であり、治療においてリスクが高まることになります。