インプラントの治療は痛みますか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「インプラントの治療の痛み」についてお話しします。
歯を失った場合、インプラントにすれば天然の歯に近い感覚を取り戻すことができます。

そのため、入れ歯に比べてインプラントに興味を持つ人が多いのですが、
治療の手軽さでは入れ歯が圧倒的に勝っており、インプラントでは治療において手術が必要です。
そこで気になるのは治療時の痛みであり、ここではインプラントの治療の痛みについて解説していきます。

手術の内容

インプラントの治療のおける手術の内容は、歯肉を切開して顎の骨に穴をあけることです。
そこにインプラント体を埋め込み、人工の歯の根を再現するのです。
また、手術の回数は治療方法によって1回の場合と2回の場合があります。

前者は一回法と呼ばれる治療方法で、文字どおり1回の手術でインプラントの装着が可能です。
後者は二回法と呼ばれる治療方法で、インプラントの部品の一部を後日装着するため、
その際に二回目の手術が必要となり、これは細菌感染のリスクを減らすのが目的です。

手術中の痛み

手術中の痛みはほとんどなく、これは麻酔を使用するのが理由です。
歯科における麻酔はインプラントだけでなく、虫歯における治療でも使用します。
歯を削る場合も痛みを感じますが、麻酔を使用することで感じなくなるのと同じです。

そのため、インプラントの手術における痛みは一回法・二回法のどちらのほとんどありません。
もっとも、痛みが完全にゼロになるわけではないですが、
一般的に親知らずを抜歯することに比べれば、感じる痛みは小さなものでしょう。

恐怖心への対処

インプラントで手術を行う場合、痛みよりも恐怖を気にする人が多いのではないでしょうか。
そこで、治療時には気分をリラックスできるよう、静脈内鎮静法と呼ばれる方法を採用しています。
これによってうたた寝しているような感覚になるため、恐怖心がやわらいだ状態で手術を受けられます。

麻酔は痛みを軽減させる効果があるものの、恐怖心をやわらげる効果はありません。
一方、静脈内鎮静法なら恐怖心をやわらげることができるため、
麻酔と併用することで痛み・恐怖心のどちらも解消することが可能です。

手術後の痛み

インプラントの治療においては、治療時よりも治療後…つまり手術後の方が痛みを感じやすくなっています。
これは手術後に麻酔が切れるのが理由であり、痛み止めで対処するしかありません。
この場合、あらかじめ痛みを飲んでおくことで、麻酔が切れた後の痛みに対処するという方法もあります。

手術後の痛みには個人差があるため、痛みが発生するタイミング・痛みが続く期間の断言はできません。
ただ、一般的には数日程度で痛みは治まるため、あまり気になるようなら医師に相談してみましょう。
その意味でも、治療を受ける時には認定医・専門医など、信頼できる医師の治療を受けるのがおすすめです。

インプラントの認定医・専門医とは?

日本口腔インプラント学会では、認定医・専門医の資格制度を定めています。
これらの資格を持つ医師はインプラントの治療経験・技術に長けており、
認定医・専門医の在籍する歯科医院は日本口腔インプラント学会のWebサイトにて確認可能です。

他の治療が必要で痛むケース

インプラントの治療は、症例によってはスムーズに治療に進めないことがあります。
例えば、骨の量が充分でない場合は骨移植・骨の再生療法などを行う必要があり、
これらの治療においても歯肉を切開するため、手術による痛みを感じます。

もっとも、これらの治療においても麻酔を使用するので、手術による痛みをそのまま感じることはないのですが、
いずれもインプラントの治療に含まれるものではありません。
そのため、費用は別途かかることになりますし、
これらの治療の効果が見込めず、インプラントの治療ができないと判断されるケースもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの治療の痛みについてまとめます。

1. 手術の内容 :人工の歯の根となるインプラント体を埋め込むため、歯肉を切開して顎の骨に穴をあける
2. 手術中の痛み :一回法・二回法ともに、手術では麻酔を使用するのでほとんど痛みは感じない
3. 恐怖心への対処 :手術への恐怖心の解消のため、静脈内鎮静法と呼ばれる方法を採用している
4. 手術後の痛み :麻酔が切れたことで数日痛むが、痛み止めを飲むことで対処できる
5. 他の治療が必要で痛むケース :骨移植・骨の再生療法を行う場合、これらにおいても手術が必要となる

これら5つのことから、インプラントの治療の痛みについて分かります。
補足すると、手術後の抜歯による痛みを感じるケースもありますし、
インプラントの治療による痛みは全くゼロというわけにはいきません。

そのため、手軽さを優先して入れ歯を選択するのも決して間違いではないでしょう。
とはいえ、手術では麻酔を使用しますから、切開の痛みをそのまま感じることはありません。