インプラントとは、どのような治療方法なのでしょうか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「インプラント治療の説明」についてお話しします。
インプラントは、「失った歯を取り戻せる」「第二の永久歯」と呼ばれています。

そのため、インプラントは歯を失った人にとって画期的かつ魅力的な治療ですが、
どのような流れで治療するのか、どのような仕組みなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
そこで、ここではインプラント治療について説明していきます。

インプラントが第二の永久歯と呼ばれる理由

インプラントは人工の歯であり、その点は入れ歯やブリッジと同じです。
しかし、入れ歯やブリッジの安定性・咬合力は天然の歯に及ばず、
これはどちらもただ装着するだけの仕様になっていることが理由です。

歯には根があり、そして骨によって支えられているのですが、入れ歯やブリッジに根はありません。
一方、インプラントは人工的な根を再現して骨に埋め込む仕様になっているため、
天然の歯同様に安定し、天然の歯に限りなく近い咬合力を持っています。

つまり、天然の歯とほぼ変わらない感覚で使用することが可能であり、
これが「インプラントが第二の永久歯」と呼ばれる理由です。

インプラントの構造

次にインプラントの構造について説明すると、インプラントは次の3つのパーツに分かれています。

上部構造:人工の歯に当たる部分、いわゆる被せ物
インプラント体:人工の歯の根に当たる部分
アバットメント:上部構造とインプラント体を接続するジョイント

顎の骨にインプラント体を埋め込み、そこで上部構造を装着すれば人工の歯は完成しますが、
インプラント体と上部構造を装着させることは不可能なため、ジョイント代わりにアバットメントを使用します。

つまりインプラントの構造とは、「埋め込んだインプラント体にアバットメントを装着し、
そのアバットメントに上部構造を装着する」というものになっています。

治療の流れ

では、インプラントの実際の治療の流れについて簡単に説明します。
インプラントの治療方法には2つのパターンがあり、それぞれ一回法・二回法と呼ばれています。

「一」「二」は治療において必要な手術の回数を示しており、
つまり一回法では一度の手術、二回法では二度の手術を行うことになります。
一回法・二回法の治療の流れは、それぞれ次のようになっています。

<一回法の場合>

精密検査

インプラント治療が可能かどうかを診断するための検査。結果次第では治療不可と診断される。

手術

歯肉を切開して顎の穴をあけ、インプラント体を埋め込む。
インプラント体は、アバットメントが装着された状態になっている。

定着期間

埋め込んだインプラント体と骨の結合を待つための期間。
期間の長さは、治療する箇所・個人差などが理由で人によって異なる。
インプラント体は歯肉に埋まっているが、アバットメントは露出した状態になっている。

上部構造の装着

定着期間を終えた後、型をとって上部構造を製作し、完成後に上部構造を装着して治療完了。

<二回法の場合>

精密検査

インプラント治療が可能かどうかを診断するための検査。結果次第では治療不可と診断される。

一次手術

一回目の手術。歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、インプラント体を埋め込む。
インプラント体は、アバットメントが装着されていない状態になっている。

定着期間

埋め込んだインプラント体と骨の結合を待つための期間。
期間の長さは、治療する箇所・個人差などが理由で人によって異なる。
インプラント体は歯肉に埋まった状態になっている。

二次手術

二回目の手術。歯肉を切開して埋め込んだインプラント体を露出させ、アバットメントを装着する。

上部構造の装着

二次手術の傷が癒えた後、型をとって上部構造を製作し、完成後に上部構造を装着して治療完了。

…一回法と二回法の治療の流れはこのようになっています。
手術の回数が異なる理由は、インプラント体を埋め込んだ時点でのアバットメントの装着の有無になります。

一回法と二回法の比較

一回法と二回法のメリット・デメリットを比較すると、次のようになります。

<一回法の場合>

メリット:手術の回数が一回ですむため、身体への負担が小さく治療期間も短い
デメリット:定着期間中、アバットメントが露出しているため細菌感染のリスクが高まる

<二回法の場合>

メリット:定着期間中の細菌感染のリスクが低く、一回法に比べて安全性が高い
デメリット:二回の手術を必要とするため、身体への負担が大きく治療期間も長い

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の説明についてまとめます。

1. インプラントが第二の永久歯と呼ばれる理由 :人工の歯の根を再現しているため、安定性・咬合力が高い
2. インプラントの構造 :上部構造・インプラント体・アバットメントの3つのパーツから成っている
3. 治療の流れ :精密検査→手術→定着期間→上部構造の取り付け(一回法の場合)。二回法と呼ばれる方法もある
4. 一回法と二回法の比較 :一回法は身体への負担が小さい、二回法はより安全性が高い

これら4つのことから、インプラント治療の説明について分かります。
インプラント治療は自由診療となり、治療費は1本30~45万円が相場です。
自由診療の入れ歯・ブリッジに比べると非常に高額ですが、天然の歯と変わりない感覚が大きなメリットで、
歯を失った時の選択肢の一つとして知っておくと良いでしょう。