セラミックにするとなぜ虫歯を予防しやすくなるのですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「セラミックと虫歯予防」についてお話しします。
虫歯の治療で歯を削った場合、象牙質が露出して患部は脆くなってしまいます。

そのため細菌にも感染しやすく、そこで治療時には詰め物や被せ物を入れて対処しますね。
詰め物や被せ物の素材には金属・レジン・セラミックなどの種類がありますが、
この中でセラミックを選択することによって虫歯の再発を予防しやすくなります。

人工物の素材の比較

人工物の素材は医師任せにする患者さんが多いですが、実際には自分で選択することもできます。
そこで、まずはそれぞれの素材の特徴を分かりスク比較してみましょう。

金属

金属の素材には金歯・銀歯がありますが、一般的なのは銀歯です。
金歯は銀歯よりも優れた機能性を持っていますが、自由診療のため費用が高いのが欠点、
一方銀歯は保険診療なので費用は安く、いずれも強度に長けているものの審美性が低いのが欠点です。
なお、金属アレルギーの人はアレルギー対象になります。

レジン

レジンとはプラスチックであり、素材なら想像できるとおり柔軟性のあるのが特徴です。
自由診療のため費用は安く、審美性においては金属ほど目立たないのもメリットですね。
ただ、長く使用していると変色しますし、他の素材に比べて強度が低く割れやすいのが欠点です。
なお、レジンアレルギーの人はアレルギー対象になります。

セラミック

金属やレジンの欠点を解消した素材で、自由診療のため費用は高くなります。
ただ、費用に見合った価値があるのも事実であり、天然の歯と変わりないほど審美性が高く、
金属アレルギー・レジンアレルギーの人でも使用できる身体に優しい素材です。
さらに機能性も高く、長持ちしやすい上に虫歯の再発も予防しやすくなります。

二次虫歯とは

一度虫歯を治療した歯でも再度虫歯になることがあり、これを二次虫歯と呼びます。
虫歯の再発は稀なケースのように思うかもしれませんが、実際にはそうではなく、
成人の虫歯治療の多くが二次虫歯によるもので、虫歯が再発するケースはむしろ多いのです。

最初の虫歯治療で処置した詰め物・被せ物は、隙間なく接着しているため本来細菌が入ることはありません。
しかし、年数が経過して劣化すればこの接着が弱まってしまい、
わずかな生じた隙間から細菌が入り込むことで虫歯が再発してしまうのです。

二次虫歯の問題点

二次虫歯も最初の虫歯も予防・治療が必要な点は同じですが、二次虫歯は特徴に注意が必要です。
まず、二次虫歯は最初の虫歯に比べて発見と自覚が難しく、
なぜなら患部が詰め物・被せ物で処置されているため、見た目で虫歯に気づけないからです。

次に、二次虫歯を繰り返すことで確実に歯を失ってしまうのも二次虫歯の怖さでしょう。
虫歯になれば歯が溶かされますし、治療によって歯を削らなければなりません。
このため、二次虫歯と治療を繰り返していればいずれ歯は失われてしまうのです。

セラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなる

詰め物・被せ物の素材をセラミックにすると、二次虫歯を予防しやすくなります。
理由は2つで、1つ目にプラークが付着しにくいこと、ツルツルしたセラミックにはプラークが付着しにくく、
そのため詰め物・被せ物を清潔に保ちやすいのです。

2つ目に隙間が生じにくいこと、セラミックは製作過程におけるサイズの誤差が生じにくく、
さらに金属やレジンに比べて接着もしっかりしているため、細菌の入り込む隙間が発生しづらくなります。
これらの理由からセラミックは二次虫歯を予防しやすく、審美性だけでなく機能性が高いことも分かります。

セラミックの種類

金属の素材に金歯と銀歯があるように、セラミックの素材にも複数の種類があります。
審美性と機能性において最も高く、セラミックの最上位となるのがオールセラミック、
一方でレジンとセラミックの中間的素材であり、費用の安さが特徴なのがハイブリッドセラミックです。

そして、金属のフレームにセラミックを焼き付けたメタルボンド、
人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミック、あわせて4つの種類のセラミックが存在します。
患者さんは好きな種類のセラミックを選択できますが、取り扱っている種類は医院ごとで異なります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックと虫歯予防についてまとめます。

1. 人工物の素材の比較 :金属(金歯・銀歯)、レジン(プラスチック)、セラミック(陶器)
2. 二次虫歯とは :虫歯の再発。詰め物・被せ物に生じた隙間から細菌が入り込むことで起こる
3. 二次虫歯の問題点 :発見・自覚が難しい、治療と二次虫歯の繰り返しは歯を失う要因になる
4. セラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなる :プラークが付着しにくいことなどが理由
5. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら5つのことから、セラミックと虫歯予防について分かります。
詰め物・被せ物の審美性へのこだわりは人それぞれですから、
中には特にこだわらない人もいるでしょうし、その考えはもちろん悪いことではありません。
しかし、セラミックには審美性の高さだけでなく二次虫歯を予防しやすいメリットもあるため、
例え審美性にこだわらない人でもセラミックを選択する意味はあるのです。