歯は白いのですが銀歯を使っているので、銀歯をホワイトニングしたいです

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。 

今回は「人工物の審美性を高める方法」についてお話しします。

黄ばんで変色した歯は目立ってしまいますが、ホワイトニングで対処可能です。

ただ、歯の審美性で悩むケースは天然の歯だけとは限らず、

中には詰め物や被せ物…いわゆる人工物の審美性で悩む人もいるでしょう。

例えば銀歯は目立ってしまいますが、ではこうした人工物をホワイトニングすることは可能なのでしょうか。

人工物はホワイトニングできない

まず結論からお伝えすると、人工物をホワイトニングすることはできません。

ですから、今回のテーマである銀歯はもちろん、入れ歯やインプラントなども同様であり、

ホワイトニングの対象となるのは天然の歯のみになります。

最も、解釈としては「人工物=ホワイトニングできない」が正しく、

「人工物を使っている人=ホワイトニングできない」ではありません。

このため、銀歯を使っている人でもホワイトニングできますが、銀歯は白くならないということになります。

人工物の審美性を高める方法

人工物を白くする方法はないですが、審美性を高める方法はあります。

それは、銀歯ではなく元々審美性の高い詰め物や被せ物を使用することであり、

その素材となるのはセラミック…つまりセラミック治療を行うことです。

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにする治療。

詰め物や被せ物をセラミックにすることでこれらの審美性が高まり、

人工物の見た目を天然の歯とほとんど変わらない状態にできるのです。

セラミックは自由診療になる

セラミックは詰め物や被せ物であるものの、銀歯と違って基本的に健康保険が適用されません。

とは言え、詰め物も被せ物も治療において必要であり、

健康目的の治療でありながら健康保険が適用されないことに疑問を感じる人もいるでしょう。

これについて理由をお答えすると、セラミックは健康保険適用の基準を満たしていないためです。

その基準は健康目的の治療であり、なおかつそのために必要な最低限の治療でなければなりません。

しかしセラミックは審美性が高く、「必要最低限の治療」の枠から外れているのです。

セラミックの種類

セラミックには4つの種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。

まずオールセラミックですが、これは文字どおり100%セラミックでできており、

全てのセラミックの中で最も審美性が高く、また耐久性も高いのが特徴です。

そして、強度に長けたメタルボンドとジルコニアセラミック、

メタルボンドは金属のフレームを使用しており、ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しています。

最後に、レジンを混ぜたハイブリッドセラミック…これは費用が安くてお手軽なセラミックです。

「審美性の高さ」以外のセラミックのメリット

人工物の審美性の高さへのこだわりは人それぞれ、中には見た目を気にしない人もいるでしょう。

では、審美性にこだわらない人にとってセラミックは価値のないものなのでしょうか。

実はそうではなく、なぜならセラミックには審美性の高さ以外のメリットもあるからです。

具体的には二次虫歯の予防効果であり、二次虫歯とは虫歯の再発を意味します。

セラミックは、銀歯と違って材質的にツルツルしているためプラークが付着しづらく、

また歯としっかり接着するため隙間も発生しづらく、細菌の侵入を防いで二次虫歯を予防しやすくなるのです。

金属アレルギーの人へ

金属アレルギーの人は銀歯を使用できず、レジンなどを選択していると思いますが、

セラミックは陶器であるため金属アレルギーの対象にはなりません。

そのため、金属アレルギーの人にとってはセラミックも選択肢の一つになるでしょう。

ただし、例外となるのがメタルボンドであり、メタルボンドはセラミックであるものの金属を使用しています。

このため、金属アレルギーが理由でセラミックにする場合はメタルボンド以外のものを選択してください。

メタルボンドは強度の高さが特徴ですが、似たタイプのものを挙げるとジルコニアセラミックになります。

まとめ

いかがでしたか?

最後に、人工物の審美性を高める方法についてまとめます。

1.人工物はホワイトニングできない:詰め物や被せ物だけでなく、入れ歯やインプラントも含まれる

2.人工物の審美性を高める方法:人工物の素材としてセラミックを選択する(セラミック治療)

3.セラミックは自由診療になる:審美性が高いため、必要最低限以上の効果があると扱われるのが理由

4.セラミックの種類:オールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック

5.「審美性の高さ」以外のセラミックのメリット:二次虫歯を予防しやすくなる

6.金属アレルギーの人へ:メタルボンドは金属を使用しているため、金属アレルギーの人は使えない

これら6つのことから、人工物の審美性を高める方法について分かります。

人工物の審美性を高める場合、元々以上に審美性を高めることは不可能ですが、

言い換えれば元々の審美性が高い素材を選択すれば問題は解決するでしょう。

そしてその素材とはセラミックであり、セラミックは天然の歯に近い美しさを誇ります。