セラミックには保険が適用させず、銀歯には適用されるのはなぜですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「セラミックの費用の説明」についてお話しします。
自由診療に含まれるセラミックですが、これについて疑問の意見を聞くことがあります。

確かに、セラミックの用途は詰め物や被せ物であり、同じ用途で使用する銀歯は保険診療になるため、
セラミックだけ自由診療となる理由が分からないと思ってしまうのは自然かもしれません。
そこで、ここではセラミックに健康保険が適用されない理由について分かりやすく説明していきます。

 

自由診療の歯科治療

まず、セラミックに健康保険が適用されないのは異例のケースのように思えるかもしれませんが、
実は歯科治療において自由診療となるケースは他にもあり、例えば次の治療が挙げられます。

矯正…歯並びを改善するための治療
ホワイトニング…歯を白くするための治療
インプラント…歯を失った箇所に人工の歯の根を埋め込み、天然に近い感覚の人工歯を入れる治療
オーダーメイドの入れ歯 :保険診療のものに比べて、より審美性と機能性が高い入れ歯

セラミック同様にこれらの治療も自由診療となっており、つまり健康保険は適用されません。
ではなぜ健康保険が適用されないのか?…その理由について以下で説明していきます。

自由診療になる理由

そもそも「治療=健康保険適用」とは限らず、
健康保険適用のためにはその基準を満たした治療でなければなりません。
そして、健康保険適用の基準は「健康目的・病気を治すために必要な最低限の治療」となっています。

では、ここで上記の自由診療に基準を当てはめてみましょう。
まず矯正ですが、歯並びの悪さは病気ではないため、「病気を治すため」の基準から外れてしまいますし、
ホワイトニングに至っては100%審美目的の治療になるため、やはり基準から外れてしまいますね。

次にインプラントやオーダーメイドの入れ歯です。これらは歯を失ったことに対する治療になるため、
「健康目的」の基準は満たしていますが、一方で「必要最低限の治療」の基準からは外れます。
なぜなら、インプラントやオーダーメイドの入れ歯には必要最低限以上の価値があるからです。

セラミックもこれと同様で、確かに詰め物や被せ物は「健康目的」や「病気を治すため」に該当しますが、
審美性や機能性の高さから「必要最低限の治療」とは言えず、そのため自由診療になります。
その点、銀歯は審美性を無視しているため、必要最低限の治療と扱われて保険診療になるのです。

例外的なケース

基本的に自由診療となるセラミックですが、
健康保険改定により一部のセラミックのみ健康保険が適用できるようになりました。
ただしその基準は現状厳しく、次の基準を全て満たした場合のみに限られます。

厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
製作する歯科医技工所との連携がとれている
被せ物のハイブリッドセラミックに限られる
第1小臼歯(前から4番目の歯)
第2小臼歯(前から5番目の歯)

このように、治療を受ける歯科医院や対象となる歯の箇所などが限定されており、
ハイブリッドセラミックも従来のハイブリッドセラミックに比べて審美性・機能性が劣るものになります。
また、金属アレルギーの場合は対象となる歯の箇所が増えるなど若干複雑で、
そのため保険診療でセラミックを希望する人は一度歯科医院で相談してみると良いでしょう。

セラミックの費用を抑える方法

自由診療となるため費用の高さが欠点となるセラミックですが、方法次第で費用を抑えられます。

保険診療のセラミックにする
上記で解説した内容になりますが、
種類にこだわらなければ保険診療のハイブリッドセラミックにするのが最も安い方法でしょう。

ハイブリッドセラミックにする
保険診療のものでなくても、ハイブリッドセラミックの費用は元々お手軽で、
オールセラミックやジルコニアセラミックに比べて安く抑えられます。

医療費控除を利用する
セラミックの治療費は医療費控除の対象になっています。
オールセラミックなど高額なセラミックを希望する場合は、医療費控除を利用すると良いでしょう。

費用の安い歯科医院で治療を受ける
自由診療の費用は歯科医院ごとで自由に設定されています。
ですから歯科医院によって費用に若干の差があり、少しでも安い歯科医院を探す選択肢もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの費用の説明についてまとめます。

1. 自由診療の歯科治療 :矯正、ホワイトニング、インプラント、オーダーメイドの入れ歯なども自由診療
2. 自由診療になる理由 :健康目的・病気を治すために必要な最低限の治療でなければならない
3. 例外的なケース :いくつかの基準を満たした場合、セラミックでも健康保険の適用が可能
4. セラミックの費用を抑える方法 :保険診療のセラミックにする、ハイブリッドセラミックにするなど

これら4つのことから、セラミックの費用の説明について分かります。
つまり、セラミックに健康保険が適用されないのはその基準を満たしていないためで、
例え健康目的であっても必要最低限の治療でない以上、自由診療になります。
セラミックには高い審美性と機能性が備わっているため、必要最低限以上の治療と位置付けられるのです。