どんな歯でも白くできますか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「歯を白くする方法」についてお話しします。
歯を白くする方法はいくつかあり、どの方法においても対応できる症例が限られています。

例えば、歯を白くする方法としてホワイトニングを真っ先に想像する人が多いですが、ホワイトニングでも白くならない歯があり、その場合は別の方法が対処することになるのです。そこで、ここでは歯を白くする方法とそれに対応できる症例についての説明をしていきます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、薬剤でエナメル質にマスキング効果をもたらし、変色した象牙質を白く見せる治療です。
歯科医院で行えるホームホワイトニングはもちろん、自宅で行えるホームホワイトニング、歯科医院と自宅の両方で行うデュアルホワイトニングと呼ばれる方法もあります。

ただしホワイトニングでは人工の歯、テトラサイクリンで変色した歯、神経を失った歯は白くできず、これらを白くする場合は別の方法で対処することになります。
ちなみに、ホワイトニングの中で最も効果が高いのはデュアルホワイトニングです。

ホワイトコートについて

ホワイトコートとは歯を白く塗る治療方法で、イメージとしては歯のマニキュアです。
塗って白くできる手軽さから、結婚式などのイベント向けに希望する人が多いのですが、短期間で剥がれてしまうことから日常で歯を白くしたい人には不向きでしょう。

最も、ホワイトニングで白くできないためにホワイトコートを選択する人も少なくなく、テトラサイクリンで変色した歯を白くしたい人におすすめです。
マニキュアの持続期間は種類によって差があり、中にはある程度長期間白さを維持できるものもあります。

セラミック治療について

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。
詰め物や被せ物は人工物ですから、つまりセラミック治療とは人工物の審美性を高める治療であり、銀歯やレジンを使っている人が審美性を高めるため、セラミックに交換するケースが多いですね。

また、健康な歯でも敢えてセラミックの被せ物を装着させて白く見せることも可能ですが、その場合は天然の歯を削る必要ある、天然の歯が白くなったわけではないなどの欠点もあります。
また、セラミック治療で使用できるセラミックには種類があり、最も美しいのはオールセラミックです。

歯のクリーニングについて

歯のクリーニングとは、文字どおり歯の汚れを綺麗に除去するための治療になります。
元々は予防歯科の治療メニューの一つであり、歯のクリーニングはプラークの除去が目的です。
ただし、歯のクリーニングを行うことで歯の表面に付着した着色を除去できます。

ですから、コーヒーやワインなどの着色であれば歯のクリーニングで除去できますし、その程度の変色であれば市販のホワイトニング歯磨き粉でも対処可能でしょう。
例え歯が白くても、歯のクリーニングは虫歯予防のために定期的に行った方が良い治療です。

歯を白くする治療を受けたい場合

歯を白くする治療を希望するのであれば、審美歯科を受診しましょう。
ただし、審美治療にも様々な種類がありますから、確実なのは歯科医院のWEBサイトを確認することで、
ホワイトニングやセラミック治療に対応した歯科医院なら確実です。

特にホワイトニングは変色の原因次第では白くならないため、歯科医院に行って相談してみても良いですね。
まず自分がどのような歯を白くしたいのか?その歯はどのような状態なのか?
その回答次第で最適な治療方法が決まります。

持続性について

どのような方法で歯を白くしても、その効果は永久ではありません。
ホワイトコートはもちろん、セラミックも永久に使用できる素材ではないですし、ホワイトニングにおいても例外ではなく、期間が経つことでどうしても後戻りが起こります。

最も、ホワイトニングの場合は重ねて治療を行うことで白さを維持できますし、ホームホワイトニングであればオフィスホワイトニングに比べて持続性が長いのが特徴です。
ただし、ホームホワイトニングは白くなるまでに時間がかかるという欠点もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を白くする方法についてまとめます。

1. ホワイトニングについて :薬剤を使って歯を白く見せる方法。テトラサイクリンで変色した歯には効果ない
2. ホワイトコートについて :歯のマニキュア。結婚式など一時的に歯を白くしたい人におすすめ
3. セラミック治療について :人工の歯を白くする方法。銀歯やレジンに比べて審美性が高い
4. 歯のクリーニングについて :歯の表面の着色を除去できる。虫歯予防にも効果的
5. 歯を白くする治療を受けたい場合 :審美歯科を受診する。対応した治療をWEBサイトで確認するのが確実
6. 持続性について :白さを永久に維持することはできず、例えばホワイトニングは重ねての治療が必要

これら6つのことから、歯を白くする方法について分かります。
数々の方法を一度にお伝えしたので複雑に思うかもしれませんが、ひとまずの把握としてホワイトニングとセラミック治療を覚えておくと良いでしょう。
天然の歯に対してはホワイトニング、人工の歯に対してはセラミック治療、そしてこれらで対応できない症例であれば、改めて他の方法を考えるのが基本の流れです。