ジルコニアって何ですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「ジルコニアセラミック」についてお話しします。
歯科で言うところのジルコニアはセラミックの一種であり、ジルコニアセラミックと呼ばれるものです。

セラミックとは詰め物に使用する素材で、用途は銀歯やレジンと変わりません。
ただ銀歯やレジンは審美性を気にする人にはおすすめできず、そのため近年ではセラミックを希望する人が増加傾向にあり、ジルコニアセラミックもその中の一つです。

ジルコニアセラミックについて

セラミックは、ジルコニアセラミックを含めると現状4つの種類があります。
オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、そしてジルコニアセラミック。
これらの中でもジルコニアセラミックは比較的新しく、日本に登場したのは2005年あたりになります。

審美性、機能性に長けたセラミックですが、唯一欠点を挙げるとすれば強度であり、
単純な強度だけで比較した場合、セラミックは金属である銀歯に劣るでしょう。
しかし、ジルコニアセラミックはそんなセラミックの欠点とされる強度にも長けているのです。

ジルコニアセラミックの強度

数値だけで比較すれば、ジルコニアセラミックの強度は従来のセラミックに比べて3倍以上です。
そもそもジルコニアとは人工ダイヤモンドですから、これを使用したセラミックは陶器でありながら金属以上の強度を備えています。

また、ジルコニアセラミックは硬さとしても強度だけでなく、曲げることに対する強度にも長けており、つまりしなやかで柔軟性のある素材です。このため使用する過程で欠けや割れの事故が起こりにくく、噛む力の強い奥歯でも安心して使用できるようになっています。

ジルコニアセラミックは身体に優しい

セラミックはもちろん、ジルコニアも生体親和性の高い素材です。
生体親和性の高い素材…すなわちそれは生体組織や生体細胞と馴染みやすく、生体がその素材を異物として認識しにくい素材を示します。

実際、ジルコニアは被せ物以外にも人工関節などに使用されることがあり、医療において身体に優しい素材として認識されているのです。
硬いと言っても金属とは異なるため、金属アレルギーが起こる心配もありません。

ジルコニアセラミックの耐久性

ここでの耐久性とは強度ではなく、いわゆる寿命に関する耐久性を示します。
元々ジルコニアセラミックに限らずセラミックは全体的に耐久性が高く、保険診療の素材となる銀歯などに比べて相対的に長持ちしやすいのが特徴です。

もちろんジルコニアセラミックもその例外ではなく、
耐熱性や耐腐食性にも長けているため目立った劣化はありません。
最も、長持ちさせるにはケアが重要で、天然の歯同様に清潔に保つようにしてください。

ジルコニアセラミックの欠点

ジルコニアセラミックは審美性、機能性ともに長けており、さらに強度にも優れた素材です。
そんなジルコニアセラミックの欠点を敢えて挙げるなら、次の2つが挙げられます。

対応している歯科医院が少ない

上記で解説したとおり、ジルコニアセラミックはセラミックの中でも比較的新しい素材になります。
このため、セラミックに対応した歯科医院でもジルコニアセラミックに対応していない歯科医院もあり、ハイブリッドセラミックなどに比べて取り扱っている歯科医院が少ないのが欠点です。

費用が高い

セラミック全体に言えることですが、自由診療であるセラミックは費用が高く、中でもジルコニアセラミックやオールセラミックは、1本あたり10万円以上の相場になっています。
最も、それに見合った価値があることも事実ですから、保険診療と容易な比較はできません。

メタルボンドとの比較

強度の高さを特徴としたセラミックと聞くと、メタルボンドを連想する人も多いでしょう。
そこでジルコニアセラミックとメタルボンドを比較すると、次の違いがあります。

審美性の差

メタルボンドは見る角度によっては金属が見えますし、劣化するとセラミックが剥がれて金属が露出してしまいます。
このため、ジルコニアセラミックはメタルボンドよりも審美性が高いのが特徴です。

金属アレルギーの問題

陶器であるセラミックは金属アレルギーの対象外ですが、例外となるのがメタルボンドです。
メタルボンドは一部金属を使用しているため金属アレルギーの対象になりますが、ジルコニアセラミックは金属を一切使用しておらず、そのため金属アレルギーの心配がありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ジルコニアセラミックについてまとめます。

1. ジルコニアセラミックについて :セラミックの中でも比較的新しいタイプで強度が高い
2. ジルコニアセラミックの強度 :ジルコニアセラミックの強度は従来のセラミックの3倍以上
3. ジルコニアセラミックは身体に優しい :ジルコニアは生体親和性の高い素材
4. ジルコニアセラミックの耐久性 :耐熱性、耐腐食性にも優れており、長持ちしやすい
5. ジルコニアの欠点 :取り扱っている歯科医院が少なく、費用が高い
6. メタルボンドとの比較 :ジルコニアセラミックの方が審美性は高く、金属アレルギーも起こらない

これら6つのことから、ジルコニアセラミックについて分かります。
セラミックに対する不安として多く挙がるのは強度の問題です。
もちろん、セラミックは被せ物として充分な強度を備えていますが、確かに陶器である以上は割れてしまう可能性も否定できません。
その点、ジルコニアセラミックは強度が高く、奥歯でも安心して使えます。