セラミック治療を考えていますが、耐久性が心配です

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「セラミックの特徴」についてお話しします。
セラミックは審美性が高く、その見た目の美しさから銀歯に代わって主流になりつつあります。

ただ、陶器であるセラミックは金属である銀歯に比べて脆いイメージがあり、
噛んだ時に割れてしまう心配をする人も少なくありません。
そこで、ここではセラミックの耐久性について分かりやすく解説していきます。

セラミックの耐久性について

まず、セラミックの耐久性においては次の2つことを考える必要があります。

・長く使用できるという意味での耐久性(寿命)
・頑丈という意味での耐久性(強度)

「寿命」の意味での耐久性についてはむしろ銀歯よりも遥かに高く、
そもそも保険診療の銀歯と自由診療のセラミックでは、素材的にセラミックの方が長持ちしやすいのです。
さらに、歯と接着しやすくサイズに誤差も生じにくいため、長く安全に使用できるのはセラミックの方でしょう。

次に「強度」の意味での耐久性ですが、確かに単純な強度においては金属である銀歯の方が高く、
セラミックはあまり強い力で噛むと割れてしまうことがあります。
とは言え、強度も充分なレベルを誇っていますし、何より強度に長けたセラミックも存在します。

強度に長けたセラミック

セラミックには強度の高さを特徴としたタイプのものがあり、それはメタルボンドとジルコニアセラミックです。

メタルボンドとは?

メタルの名称からイメージできるとおり、金属を使用したセラミックです。
外見はセラミックですが中身のフレームが金属でできており、そこにセラミックを焼き付けてあります。
例えセラミックが割れてもフレームが無傷なら修理も容易であり、奥歯でも安心して使えます。

一方で、欠点は2つあります。1つは審美性の問題で、メタルボンドは見る角度によっては金属が見えますし、
劣化すればセラミックが剥がれて金属のフレームが見えてしまうのです。
そしてもう1つの欠点は、金属を使用しているため金属アレルギーの対象になってしまうことです。

ジルコニアセラミックとは?

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用したセラミックです。
硬すぎると言えるほど硬く、強度においては申し分ないですし、メタルボンド以上の審美性を誇ります。
また、メタルボンドのように金属を使用していないため、金属アレルギーの人でも安心して使えます。

こうした点から、ジルコニアセラミックはメタルボンドの上位モデルをイメージすると分かりやすいですが、
上位モデルであるためメタルボンドよりも費用が高く、それがジルコニアセラミックの欠点でもあるでしょう。
また、他のセラミックに比べて取り扱っている歯科医院も若干少なめです。

「審美性」以外のセラミックの長所

審美性の高さがメリットのセラミックですが、メリットはそれだけではなく次のことも挙げられます。

二次虫歯を予防しやすい

銀歯は接着が剥がれやすく、またプラークも付着しやすい素材です。
このため詰め物としての清潔さを維持するのが難しく、二次虫歯が起こりやすくなります。
一方、セラミックはプラークが付着しにくいため二次虫歯を予防しやすくなるのです。

長持ちしやすい

上記の耐久性の項目でも説明しましたが、セラミックは銀歯に比べて長持ちしやすく、
審美性と機能性を長い間ずっと維持できるメリットがあります。
とは言え、寿命の長さはあくまでケア次第ですから、ケアを怠ればセラミックでも長持ちしないでしょう。

金属を使っていない

金属アレルギーの人から見れば、金属というだけで銀歯を使用することができません。
その点、セラミックなら陶器ですから安心して使えますし、セラミック自体が身体に優しい素材です。
ただしメタルボンドは例外で、メタルボンドは一部金属を使用したセラミックになります。

セラミック治療の費用を抑える方法

自由診療のため費用が高いセラミックですが、次の方法である程度費用を抑えることが可能です。

医療費控除を利用する

年間の医療費が10万円を超えた場合に限られますが、セラミックは医療費控除の対象です。
システム的には年末の確定申告時に医療費控除を申請、
後におさめた税金が返還されるためその場で安くなるわけではありません。

いくつかの歯科医院で費用を比較する

歯科の自由診療の費用は歯科医院ごとで自由に設定できるため、
セラミックの費用は歯科医院によって異なります。相場はある程度決まっていますが、
費用を比較すれば中には安く設定している歯科医院もあるかもしれません。

ハイブリッドセラミックにする

ハイブリッドセラミックとは、レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプです。
このため素材的にはレジンとセラミックの中間にあたるのですが、
その分ハイブリッドセラミックは費用が安く、お手軽なセラミックとして位置付けられています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの特徴についてまとめます。

1. セラミックの耐久性について :寿命の意味の耐久性は高く、強度の意味の耐久性に優れたものもある
2. 強度に長けたセラミック :メタルボンドとジルコニアセラミック
3. 「審美性」以外のセラミックの長所 :二次虫歯を予防しやすい、長持ちしやすい、金属を使用していない
4. セラミック治療の費用を抑える方法 :医療費控除の利用、複数の歯科医院で費用を比較するなど

これら4つのことから、セラミックの特徴について分かります。
結論を言うと、セラミックの耐久性についてはそれほど心配する必要はなく、
寿命の意味での耐久性は元々高いですし、強度の意味での耐久性も決して低くありません。
それでも心配ならジルコニアセラミックにする選択肢もあります。