ホワイトニングの効果はどれくらい続きますか?また、効果が切れた時は再びホワイトニングできますか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「ホワイトニングの持続期間」についてお話しします。
ホワイトニングは薬剤を使って歯を白くするための治療です。

言うまでもなく永久に効果のある薬は存在しないですし、ホワイトニングもその例外ではありません。
つまり、ホワイトニングしてもいずれは後戻りが起こって元の色に戻ってしまうのですが、
白さを維持できる期間…すなわち持続期間はどのくらいなのでしょうか。

方法によって異なる持続期間

ホワイトニングの持続期間は一概に断言できず、それには2つの理由があります。
一つは個人差の問題で、持続期間はその後のケアなどでも大きく変わるからです。
もう一つはホワイトニングの方法による違いで、まずホワイトニングには次の3つの方法があります。

オフィスホワイトニング :費用相場2万円~10万円ほど

ホームホワイトニング :費用相場2万円~5万円ほど

デュアルホワイトニング :費用相場7万円~10万円ほど

…どのホワイトニングも歯科治療のホワイトニングですから、使用する薬剤は同じです。
ただし、それぞれ具体的な治療は異なっており、持続期間にもまた違いがあります。
結論を言うと、これら3つの中で最も持続期間が長いのはデュアルホワイトニングでしょう。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うもので、
おそらく皆さんが想像するホワイトニングはこのオフィスホワイトニングだと思います。
持続期間は3ヶ月~6ヶ月となっており、3つのホワイトニングの中で最も短くなっています。

こうして、持続期間だけで考えるとオフィスホワイトニングは最もおすすめできない方法に思えますが、
一方で効果が出るのが早く、そのため早く歯を白くしたい場合におすすめですね。
薬剤の浸透が早いため効果が出るのが早く、一方で後戻りしやすいのがオフィスホワイトニングの特徴です。

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングは自宅にて自分で行うもので、
薬剤とマウスピースを歯科医院で受け取り、薬剤を含めたマウスピースを毎日2時間装着して歯を白くします。
持続期間は6ヶ月~1年となっており、オフィスホワイトニングよりも長くなっています。

ただホームホワイトニングは薬剤が浸透するまで時間がかかるため、
効果が出るまでの期間はオフィスホワイトニングよりも長くかかるでしょう。
つまり、効果が出るのは遅いが後戻りするのも遅く、特徴としてはオフィスホワイトニングと全く逆です。

デュアルホワイトニングの場合

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをあわせた方法です。
つまり、歯科医院でオフィスホワイトニングを行いつつ、自宅ではホームホワイトニングを行います。
その持続期間は3つのホワイトニングの中で最も長く、おおよそ1年以上です。

また、オフィスホワイトニングを兼ねているため効果が出るのも早く、
「早く効果が出てなおかつ後戻りするのも遅い」がデュアルホワイトニングの特徴になります。
効果の点だけで考えれば最もおすすめですが、ただデュアルホワイトニングは費用が高いのが欠点です。

ホワイトニングは繰り返し行える

ホワイトニングは繰り返し行える治療ですから、重ねて行うことで白さを維持し続けることが可能です。
ですから、後戻りしても再度ホワイトニングができ、それを繰り返せば結果的にはずっと白い歯がいられます。
ただし、この場合は2つの注意点があり、まず1つ目にその都度費用がかかるという点です。

つまり、3回ホワイトニングすれば3回分の費用がかかるため、予算を考慮する必要があるでしょう。
2つ目に歯の健康状態次第ではホワイトニングできないケースもあるという点で、
例えば再度ホワイトニングを行う際に虫歯が発覚すれば、まずは虫歯の治療を優先しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの持続期間についてまとめます。

1. 方法によって異なる持続期間 :オフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどの方法によって異なる
2. オフィスホワイトニングの場合 :持続期間は3ヶ月~6ヶ月。後戻りは早いが、効果は早く出る
3. ホームホワイトニングの場合 :持続期間は6ヶ月~1年。後戻りは遅いが、効果が出るのも遅い
4. デュアルホワイトニングの場合 :持続期間は1年ほど。後戻りが遅く効果も早く出るが、費用は高い
5. ホワイトニングは繰り返し行える :後戻りしても重ねて行えるため、白さを維持することは可能

これら5つのことから、ホワイトニングの持続期間について分かります。
歯に異常さえなければ、ホワイトニングは重ねて何度でも行えます。
このため、例え後戻りしても重ねて行えば白さを維持することは可能です。
後戻りまでの期間…すなわち持続期間はホワイトニングの方法によって異なり、
「デュアルホワイトニング>ホームホワイトニング>オフィスホワイトニング」の順に長持ちします。