虫歯になると歯に穴が空きますが、歯の色も変わってしまうのですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「虫歯と歯の変色」についてお話しします。
ある日、自分の歯に穴が空いていたとしたら、その時は虫歯を予感するでしょう。

では、歯が変色していた場合はどうでしょうか。
実は虫歯になると歯に穴が空くだけではなく、歯が変色するという自覚症状も起こります。
とは言え「歯の変色=虫歯」とは断言できず、そこでここでは虫歯と歯の変色をテーマにした説明をします。

歯の変色の原因

仮にあなたの歯が変色しているとして、診察せずに虫歯だと断言することはできません。
と言うのも、歯の変色の原因はいくつかあり、虫歯はその中の一つにしか過ぎないからです。
最も、歯の変色の原因として考えられる可能性を挙げることは可能で、次の原因が考えられます。

ステイン

いわゆる着色で、コーヒー、ワイン、カレー、お茶などを飲食することで起こります。
これは虫歯ではなく単に着色しただけのため、健康上においては何の問題もありません。
ただ歯の見た目は悪くなりますから、歯科医院で歯のクリーニングを受けて綺麗にしてもらいましょう。

歯石

歯石が歯の根元に付着すると、光を遮断して歯が変色して見えることがあります。
この場合、虫歯が原因ではないものの歯周病に注意しなければならず、
歯科医院で診察を受けてその時に歯石も除去してもらいましょう。

テトラサイクリン

テトラサイクリンとは、ひと昔前に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質です。
これを服用すると、象牙質に色素が沈着して歯の色が濃くなる、帯状に変色するなどの状態になります。
現在でも治療内容によって使用されており、テトラサイクリンで変色した歯はホワイトニングでも対処困難です。

ホワイトスポット

歯に白いシミができた状態で、歯の白さと明らかに違うくっきりとした白さをしています。
エナメル質形成不全やフッ素の過剰摂取によって起こる可能性があるものですが、
初期の虫歯にかかっている可能性も否定できず、ホワイトスポットの原因自体様々です。

虫歯

虫歯になると患部が茶色く変色します。変色しただけの状態ならその虫歯はまだ初期段階ですが、
進行するとやがて歯に穴が空いて痛みを感じるようになります。
ただしこれは永久歯に言えることで、乳歯の虫歯は白く、そのため発見しづらい問題があるのです。

…歯の変色の原因には他にも「加齢」などがあり、このため「歯の変色=虫歯」と断言できず、
確実な判断をするためには歯科医院で診察を受けることです。

虫歯で歯が変色するケース

虫歯で歯が変色するケースは主に次の3つです。

ホワイトスポットができる

初期の虫歯…正確には虫歯になりかけの状態です。歯の表面にはエナメル質がありますが、
そのエナメル質が酸によってカルシウム成分が失われ、そのためホワイトスポットが発生します。
最も、上記で説明したとおり他のことが原因でホワイトスポットが発生することもあります。

茶色く変色する

虫歯になると歯が茶色く変色するため、状態としてこれは初期の虫歯です。
ここで治療すれば歯を削らず、的確なプラークコントロールのみで治せることもありますが、
進行すると歯に穴があき、そうなると歯を削って治さなければなりません。

神経を失う

虫歯が神経して神経が死ぬと、その歯は黒く変色してしまいます。
失った神経は再生させられず、そのため以後その歯はずっと変色したままになってしまうでしょう。
最も、この場合は歯の変色以前に激痛という自覚症状があるため、虫歯に気づかないはずありません。

虫歯による歯の変色は元の白さに戻せるのか

虫歯が原因で歯が変色した場合、例え虫歯を治しても変色は元に戻らないでしょう。
特に、神経を失ったことで歯が黒く変色している場合、ホワイトニングでも白くできません。
つまり、虫歯を予防することは歯の見た目の美しさを維持することにもなるのです。

天然の歯を白くする手段がない以上、ホワイトニングや歯のマニキュアや被せ物で白くしなければならず、
歯の健康だけでなく見た目の美しさを維持するためにも、虫歯は絶対に予防してください。
ちなみに、初期の虫歯は歯が変色しても痛みを感じることがありません。

また変色の度合いだけで虫歯と断言することもできないため、
定期的に検診を受けて歯の健康状態をチェックしてもらうと良いでしょう。
そうすれば虫歯を予防しやすくなり、また重症化も確実に防げます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯の変色についてまとめます。

1. 歯の変色の原因 :ステイン(着色)、歯石の付着、テトラサイクリン、ホワイトスポット、虫歯などが考えられる
2. 虫歯で歯が変色するケース :ホワイトスポットができる、茶色く変色する、神経を失う
3. 虫歯による変色は元の白さに戻せるのか :自然には戻らず、神経を失っての変色はホワイトニングも困難

これら3つのことから、虫歯と歯の変色について分かります。
歯が変色していても、それは虫歯の可能性がある一方でそうでない可能性もあるのです。
こうした漠然とした答えになってしまい、ですから歯の変色だけで虫歯の有無を判断するのは難しいでしょう。
その意味でも、歯の変色に気づいた時には歯科医院に行って診察を受けてください。