セラミックには種類がありますが、どれを選ぶのがおすすめですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「セラミックの種類」についてお話しします。
セラミック治療で使用するセラミックには複数の種類があり、患者さんは好きなものを選択できます。

とは言え、どのセラミックを選択すれば良いのか悩むと思いますし、
どうせなら歯科医がすすめるセラミックにしたいと思うのが自然でしょう。
そこで、セラミックの種類を選択する時のポイントを解説します。

おすすめのセラミックについて

おすすめのセラミックは、患者さんが重視しているポイントによって異なります。
以下で詳しく説明しますが、現状ではオールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、
ジルコニアセラミックの4種類のセラミックがあり、それぞれ独自のメリットとデメリットがあるのです。

そして、患者さんが重視するポイントが何かによっておすすめのセラミックが決まり、
例えばオールセラミックがおすすめの患者さんもいれば、メタルボンドがおすすめの患者さんもいるのです。
また、取り扱っているセラミックの種類も歯科医院によって異なります。

オールセラミック

審美性にとことんこだわる人におすすめ
耐久性や機能性にこだわる人におすすめ

セラミック自体審美性が高いものの、その中でも最も美しいのがオールセラミックです。
また、オールセラミックは耐久性や機能性も高く、プラークが付着しにくくなっています。
セラミックの中で最上位に位置するオールセラミックですが、それだけ費用も高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

費用を安く抑えたい人におすすめ
ある程度の美しさなら充分と考える人におすすめ

ハイブリッドセラミックとは、レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプのものです。
このため、素材的にはレジンとセラミックの中間にあたり、年数経過による変色も起こります。
審美性も他のセラミックに劣りますが、その分費用が安くお手軽なのがハイブリッドセラミックの特徴です。

メタルボンド

耐久性にこだわりたい人におすすめ
奥歯をセラミックにする人におすすめ

メタルボンドは金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプです。
フレームが金属のため耐久性が高いのがメリットですが、見る角度によっては金属が見えてしまいます。
このため、噛む力が強くなおかつ目立ちにくい奥歯をセラミックにする時におすすめです。

ジルコニアセラミック

審美性と耐久性にこだわりたい人におすすめ
耐久性にこだわりがあり、金属アレルギーの人におすすめ

耐久性にこだわるだけならメタルボンドの選択肢もありますが、
さらに審美性にもこだわるとなると、メタルボンドよりも美しいジルコニアセラミックがおすすめです。
また、金属アレルギーが理由でメタルボンドにできない場合もジルコニアセラミックがおすすめです。

セラミックに共通する特徴

セラミックの種類ごとの特徴を挙げましたが、次で挙げるのは全てのセラミックに共通する特徴です。
最も、どの特徴においてもセラミックの種類ごとで差はあります。

審美性が高い

見た目の美しさがセラミック最大の特徴です。パッと見ただけでは人工物と見分けがつかず、
また自分の歯の色に近い白さに調節できるため、ただ白いだけでなく自然な白さを再現できます。

二次虫歯になりにくい

セラミックは素材的に表面がツルツルしているため、プラークが付着しにくくなっています。
また歯との接着もしっかりしており、そのため細菌が入り込みにくく二次虫歯を予防しやすいのです。

長持ちしやすい

詰め物や被せ物は永久に使用することはできないものの、
ケアさえ怠らなければ保険診療の銀歯に比べてセラミックは長持ちしやすくなっています。

金属アレルギーの心配がない

セラミックは陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使えます。
ただしメタルボンドは例外で、メタルボンドはセラミックでありながら一部金属を使っています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類についてまとめます。

1. おすすめのセラミックについて :患者さんが重視するポイントによっておすすめのセラミックが決まる
2. オールセラミック :審美性、耐久性、機能性、いずれも高いレベルを求める人におすすめ
3. ハイブリッドセラミック :費用を安く抑え、お手軽にセラミックにしたい人におすすめ
4. メタルボンド :耐久性の高さを求める人におすすめ
5. ジルコニアセラミック :耐久性に加えて審美性も高いレベルを求める人におすすめ
6. セラミックに共通する特徴 :審美性が高い、二次虫歯になりにくい、長持ちしやすいなど

これら6つのことから、セラミックの種類について分かります。
このように、おすすめのセラミックは患者さんが何を重視するのかによって決まり、
例えば審美性にとことんこだわる人ならオールセラミックがおすすめです。
自分が何を重視するか?…それを決めた上でその目的に合った種類のセラミックを選択してください。