変色した歯をブラッシングで白く戻すことは可能ですか?

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。
今回は「歯を白くする方法」についてお話しします。
歯が汚れている時、汚れを落とすために歯磨きをするのが自然です。

では変色している場合はどうでしょうか?…汚れと変色は全く意味が異なりますし、
汚れの原因によっては例え歯磨きしても白くならないことがあります。
そこで歯が変色していると仮定して、その状況や対処方法について分かりやすく解説します。

歯の変色のパターン

歯の変色には2つのパターンがあります。

・表面が変色している
・象牙質が変色している

まず表面の変色についてですが、これは飲食したものが原因で起こることであり、
例えばワインやコーヒーの色素によって歯が変色するパターンです。
歯そのものと言うより歯の表面のみの変色ですから、
状態次第ではブラッシングによる歯磨きで対処できますし、歯のクリーニングでも元の白さに戻せます。

問題はもう1つのパターンで、象牙質が変色している場合です。
象牙質は歯の中心であり、表面を指しているのではありません。
歯磨きで磨ける箇所は当然歯の表面のみですから、
この場合はブラッシングしても元の白さには戻せず、白くするためには治療が必要です。

歯を白くする治療方法

歯を白くする治療方法はいくつかあり、患者さんは好きな方法を選択できます。
とは言え、変色の状態などからすすめられる方法がある程度限定される場合もありますし、
対応できる治療方法は歯科医院によって異なります。

方法1. セラミック治療

セラミックの被せ物を立てることで白くする方法です。
本来被せ物は虫歯治療などの処置の際に使用しますが、
この場合は歯を白くするための審美目的で被せ物を立てることになります。
歯自体が白くなるわけではないものの、セラミックによって人の目からは白い歯にうつります。

方法2. ホワイトニング

歯自体を白くする唯一の方法で、歯科医院で行うだけでなく自宅で行うホワイトニングもあります。
薬剤の効果によって歯を白く見せているのがホワイトニングの効果であり、
そのため一定期間が経過すると後戻りが起こってしまいますが、重ねて行うことで白さを維持できます。
ただしテトラサイクリンによる影響など、変色の原因によってはあまり白くならないのが欠点です。

方法3. ホワイトコート

いわゆる歯のマニキュアで、一時的に歯を白くしたい目的で使われることの多い治療です。
例えば結婚式など、ある一日だけどうしても歯を白くしたい時におすすめです。
治療と言ってもその手段は「歯を白く塗る」ですから、大きな治療も必要なく費用もお手軽です。
一時的な効果しかないものの、ホワイトニングで白くできない歯にも効果があります。

ホワイトニングの構造

歯を白くする方法としてはホワイトニングが代表的ですが、
ホワイトニングの構造についてはあまり知らないという人も多く、そのためここで説明します。
まず歯の表面にはエナメル質があり、変色した象牙質はさらにその奥にあります。

しかしエナメル質は半透明のため、象牙質の変色がそのままうつってしまうのです。
ホワイトニングで使用する薬剤には過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、
これを使用するとエナメル質が無色透明になり、さらに酸素の発生によってエナメル質の構造が変化します。

具体的には、角ばった形状だったエナメル質の構造が丸みを帯びた形状に変化するのです。
そして、エナメル質が丸みを帯びた形状になることで光が乱反射するようになり、
その奥の象牙質がうつらなくなるため、歯が白くなったように見える…これがホワイトニングの仕組みです。

ちなみに、ホワイトニングで後戻りが起こるのはこのようにエナメル質の構造を変化させているためで、
構造変化したエナメル質は時間をかけて元の形に戻ろうとするので後戻りが起こります。
後戻り自体は防げないものの、この問題は定期的に重ねてホワイトニングを行うことで解消できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を白くする方法についてまとめます。

1. 歯の変色のパターン :歯の表面が変色しているパターンと象牙質が変色しているパターンがある
2. 歯を白くする治療方法 :セラミック治療、ホワイトニング、ホワイトコート
3. ホワイトニングの構造 :エナメル質を構造変化させることで、変色した象牙質をうつらなくさせる

これら3つのことから、歯を白くする方法について分かります。
まとめると、変色した歯をブラッシングで白くできるかどうかは変色の原因次第です。
単純に歯の表面の変色…正確には着色と言えますが、この場合はブラッシングで白くできるでしょう。

一方、象牙質が変色している場合は歯の中心が変色しているわけですから、
ブラッシングでは白くならず、なぜならブラッシングで磨けるのは歯の表面のみだからです。
この場合は治療によって白くすることが可能であり、セラミック治療やホワイトニングがこれに該当します。