歯が変色しているのに虫歯も歯周病もないと言われました。こういうことはあり得るのですか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「歯が変色しているのに虫歯も歯周病もないと言われました。こういうことはあり得るのですか?」についてお話しします。

ご自身の目で確認できる変色があると、虫歯や歯周病になっているのではと心配になりますよね。今回は変色があった場合でも問題がないものについてご紹介します。

必ずしも歯の変色は「歯周病」や「虫歯」の証拠ではない!

患者さま自身がご自分の歯の健康を確認する際、歯の色は重要な判断要素になるかと思います。ですが歯の変色歯必ずしも病気だと断定することはできません。患者さまが変色だと感じるものの中には、簡単なクリーニングで落とせるものあるのです。

歯の変色部分が「虫歯」の場合

患者さまにとっての虫歯の歯のイメージは、黒く変色しているものだと思います。ですが黒く変色した虫歯は慢性虫歯と言われ、進行が遅い虫歯になります。反対に歯の一部が白濁したような変色や黄白っぽい色合いの変色だと、急性虫歯で進行が早い虫歯です。虫歯ははじめ白〜黄味の変色から始まり、黒〜褐色の変色に変化します。

色の変色が後者である場合は、早めの治療が必要ですが、前者のような黒〜褐色の変色で歯に穴も開いていない状態であれば、経過観察として進行具合を見てから治療を始めることもあります。

変色部分が粗くなっている

フロスを使用して、歯と歯に添わせるように動かした際に、フロスに引っかかりがある、フロスがボソボソと切れるようなら歯と歯の隙間が虫歯になっている可能性があります。変色が見られる部分で、歯の表面が粗くなっているようなら、一度歯科医院を受診してみましょう。

歯の表面が粗くなっていても、冷痛・温痛などの症状がない場合はそのまま様子を見ることもあります。どの程度虫歯が深くなっているか、しっかり歯科医院で診査・診断してもらいましょう。

変色だけであれば治療の必要がないこともある

歯は治療できる回数が限られています。削った場所から歯は弱くなってしまうため、過度に歯を削る治療は歯の健康寿命を短くすることになるのです。

そのため変色があっても治療の必要がない場合は、そのまま経過観察となることがあります。初期虫歯や経過観察の歯は、定期的な歯科検診やクリーニングを行うことでそのまま現状維持することもあります。治療が必要となった場合にも、経過観察を続けていれば回数の必要となる治療になる前に治療を開始するので、1度の治療で完了させることもできるのです。

歯の変色部分が「歯周病」の場合

歯周病は歯を支える歯茎の病気です。歯の変色具合で歯周病かどうかを判断することはできません。歯科医院で歯周病かどうかの検査を行う際にも、1本の歯の周りにある歯周ポケットを測定することで、歯周ポケットが4mm以上あるかどうかで判断されます。

変色部分が凸になっている

歯と歯茎の隙間に茶褐色〜黒色の変色がある場合があります。爪楊枝や歯間ブラシの先端のように細い道具を用いて、歯に添わせるように触れた際凸感を感じるようなら、その変色は歯石の可能性があります。

歯石はそのままにしていると歯肉炎になります。通常歯茎よりも上に現れる歯石は白っぽい、クリーム色をしていることが多いです。ですが歯茎が退縮している場合や歯茎の腫れが一時的に引いている状態であれば、歯周ポケット内でできた黒っぽい歯石が表上に見られることがあります。

「歯石がある=歯周病」と判断はできませんが、歯石は菌の塊です。そのままにしていても良い口内環境にはならないため、しっかりクリーニングすることが大切です。

クリーニングで歯石の変色は落とせる

歯科衛生士によるクリーニングを受ければ、歯に付着した歯石や変色は除去することができます。歯に歯石などの汚れが付着している状態だと、プラークよごれも付着しやすくなるので、定期的にクリーニング、検診を受けることがおすすめです。

歯1本だけが黒く変色した場合

外からの強い負荷がかかった外傷により歯が黒〜紫っぽく変色することがあります。歯の中には神経や血管が入っています。歯を強く打つなどの外傷により出血や循環障害を引き起こし、歯が変色するのです。歯自体には痛みがなくても組織が死んでしまっている場合は、歯の神経治療である根管治療が必要になります。

歯の内部に漂白剤を入れる方法や歯を削ってセラミックを被せることで元の白い歯に戻すことができます。

まとめ

いかがでしたか?最後に「歯が変色しているのに虫歯も歯周病もないと言われました。こういうことはあり得るのですか?」についてまとめます。
・歯の変色だけでは歯周病、虫歯であると断定できない
・歯の表面が粗く、変色を起こしている場合虫歯の可能性がある
・症状もなく、慢性虫歯に移行している場合、経過観察をすることもある
・歯の表面に凸感があるようなら歯石の可能性がある
・歯石であればクリーニングで綺麗に落とせる
・歯1本が黒く変色している場合は外傷による変色の可能性がある
・外傷の場合、根管治療が必要となる