歯が変色することでどんな問題がありますか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「歯が変色することでどんな問題がありますか?」についてお話しします。

歯の変色といっても、歯の表面に着色汚れがついた状態のものから虫歯などの病的なものまであります。どのような変色であれば問題がないのか、あるいは治療が必要なのかをご説明します。

問題にならない歯の変色

歯の表面に汚れが付着して起こる歯の変色や、加齢で起こる歯の黄ばみ変色であれば、病的なものではないため、気にならなければそのままの状態でも問題ありません。

ただ、歯に着色汚れが付着するということは、その部分に磨き残しがある証拠です。そのため、ゆくゆくはその部分が虫歯や歯周病になる可能性もあります。歯の表面に付着した汚れであれば、しっかりクリーニングをおこなうことで、元の綺麗な歯に戻すことが可能です。まずは歯科医院でセルフケアの仕方を確認してもらい、お口の中をクリーニングすることをお勧めします。

加齢で起こる歯の変色は、エナメル質が薄くなり、歯の内部にある象牙質の色が透けて見えることが原因です。加齢が進むにつれて歯の色が黄色く変色してしまうため、気になる方は歯のホワイトニングをお勧めします。ホワイトニングをすることで、歯を白く見せることができます。

歯の変色は虫歯の可能性もある

歯の一部分のみ茶褐色〜黒色に変色している場合、虫歯が原因の可能性があります。虫歯が原因で歯の変色が起きている場合、よく変色している箇所として、「歯と歯の隣接面」「銀歯等の詰め物周辺」「歯と歯茎の境目」の部分が変色を起こしていることがあります。

変色を起こしている場合でも、歯がしみるなどの症状がないこともあります。この時の虫歯を「慢性う蝕」と言い、ゆっくりと進行している状態です。一方歯の一部分だけ灰色っぽい色や白く濁った色をしている場合、「急性う蝕」といい進行が早い虫歯の可能性があります。見た目は歯の一部分が茶褐色〜黒色になっている方が、重症度が高く感じますが、実際は灰色っぽい一見虫歯だと気付きにくい部分の方が状態が悪くなっていることもあります。

急性う蝕の場合セルフチェックでは見落としが出てしまうことが多々あります。早期発見・早期治療のためにも、まずはお口の中をクリーニングしてもらい、歯の変色はないか、虫歯はないかチェックしてもらうようにしましょう。

歯の変色は神経が死んでしまっている可能性もある

虫歯が深い場合には歯の神経を除去する治療を行います。神経を除去した歯は、色が灰色っぽい色に変色してきます。そのため、神経を除去した後は歯全体を削り被せ物治療をおこなうことが一般的です。

ですが中には何らかの衝撃が歯に加わったことで、神経が死んでしまうこともあります。前歯部に多いのですが、歯にボールが当たったり、顔面を打ち付けるような衝撃が加わることで、神経が知らず知らずのうちに死んでいることがあります。

この時、歯全体が他の歯の色よりも灰色っぽい色に変色してきます。衝撃の程度にもよりますが、歯が破折していたり、ヒビが入っていることもあります。
歯の神経は一度死んでしまうと、元にもどすことができません。この場合は歯の内部を綺麗に治療して、被せ物を入れるか、歯の内部に薬剤を入れて、歯を白く戻します。

処置をせずにそのままの状態でいると、歯の神経が死んだ状態だと歯がもろくなってくるため、何かの拍子に歯が欠けたり割れる可能性があります。歯の神経の治療は治療回数がかかるので、時間がしっかり取れる時に計画的に治療していくことをお勧めします。

歯の変色で起こる問題

歯の変色は上記のように治療の必要な病的なものから、加齢などが原因で起こるものまであります。治療を要しないものであれば、本人が気にしなければ処置の必要はありませんが、歯の変色は人に与える印象も変わってきます。

・人へ与えるイメージが悪くなる
歯が白く綺麗だと、人に与えるイメージも「清潔」な「健康的な」イメージを与えることができます。ですが、歯が黄色く変色していたり、ヤニやステイン汚れが付着していると「不潔」な「口がくさい」イメージを与えることになります。

口元は人に与える印象の中でも大きな割合を占めています。面接や結婚式など大切な予定がある場合は、歯を綺麗にすることでイメージアップにつなげることが可能です。

・自分で虫歯かどうか判断しにくくなる
歯が変色している状態だと、セルフケアでも虫歯や歯の異常に気付きにくくなります。綺麗な状態を維持できていれば、些細な変化にもすぐに気づくことができます。歯はできるだけ綺麗な状態を維持するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?最後に「歯が変色することでどんな問題がありますか?」についてまとめます。

・歯の変色で治療を要するものとそうでないものがある
・加齢による変色の場合は、ホワイトニングで歯の色を戻すことが可能
・歯の一部のみの変色は、虫歯が原因のこともある
・茶褐色〜黒っぽい変色の場合、慢性う蝕で進行はゆっくり
・灰色っぽい透ける変色は、急性う蝕で進行が早い
・歯全体が灰色っぽく変色している場合、神経が死んでしまっている可能性あり
・歯は綺麗な状態を維持していた方が、虫歯などの初期症状にもすぐに気づくことができる