歯を白くする治療ってありますか?もしあるなら、どこの歯科医院でもやってくれますか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「歯を白くする治療ってありますか?もしあるなら、どこの歯科医院でもやってくれますか?」についてお話しします。

歯を白くする治療でよく知られるのは「ホワイトニング」ですが、そのほかにも歯を白くする方法はあります。患者さまの状態に合わせた「歯を白くする治療」でより口元を美しくする方法をご紹介します。

歯を白くする治療代表「ホワイトニング」

歯を白くする方法でよく知られるホワイトニングは、薬剤によって歯の表面のエナメル質をマスキングして歯を白く見せています。そのため通常だとエナメル質から下の象牙質の色が透けて黄ばんで見えていますが、ホワイトニングをすることで「歯を白く見せる」ことができるのです。

ですが、ホワイトニング効果を発揮出来る歯は限られているため、全ての歯を綺麗に白く出来るわけではありません。

ホワイトニングができない歯を白くする方法

ホワイトニングで効果を発揮できない歯でも白くする方法はあります。それぞれメリット・デメリットはありますが、お口の中の状態に適していれば、どれも歯を白く見せる効果を得ることが可能です。

歯の表面に塗布する「マニュケア」

爪に色を塗るマニュケアと同じような要領で、歯の表面に白い液を塗布します。市販でも歯のマニュケアは販売されていますが、歯科医院ではより綺麗にマニュケアを行うことができます。ホワイトニングを費用や期間面で受けることができないが、短期間で良いので即時に歯を白く見せたいという方には適した方法です。

失活歯の中にお薬を入れる「ウォーキングブリーチ」

ホワイトニングは歯の神経がない状態だと、あまり効果を発揮することができません。神経を失った失活歯はそのままだとだんだん歯が灰色に変色を起こすので、ブリーチで歯の内部に漂白剤を入れることで、歯を白く変化させることができます。
通常は歯の神経を除去した後は、銀歯やセラミックを使用した被せ物をしますが、それらの方法を用いずにご自身の歯をそのまま使用したい、且つ白く綺麗に見せたいという方には適しています。

歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける「ラミネートベニア」

歯の表面を薄く削り、ネイルチップのような薄いセラミックを貼り付ける治療です。歯全体を削る必要がないため、ご自身の歯質を多く残すことができます。歯の色を改善するだけでなく、すきっ歯のような両隣との歯の間に隙間が生じている場合にも適する治療法になります。

歯全体を削ってセラミックを被せる「セラミック治療」

歯を削って大きな被せ物をするセラミック治療は、セラミックの材質によって強度を出すことも、天然歯のような透明度を出すことも可能です。
また、歯の色を白くするだけなく、簡易的な歯列矯正として、歯並びを整えるときにも使用できます。

歯を白くする方法はどの歯科医院でも受けられるわけではない

ホワイトニング以外の上記方法で歯を白く見せることは可能です。ですが、それぞれデメリットも存在します。

マニュケアのデメリット

効果が1〜2ヶ月程度しか綺麗な状態を維持できない
綺麗が長持ちする期間が限られている割には高額
施術者の技量によって、色ムラが生じる
落とし残した部位には歯垢が溜まりやすい
マットな色調になるため、綺麗な白さではない

ブリーチのデメリット

何度も薬剤を入れ替える必要がある
好みの色の白さに完全には調整することはできない
歯の神経がない部分のみに有効
ご自身の歯自体が神経を失ってもろくなるため、欠ける場合もある

ラミネートベニアのデメリット

治療費が高額
歯の先端部分が欠けやすい
ご自身の噛み合わせの状態によっては治療が向かないこともある
歯の表面を薄く削る必要がある
ラミネートベニアと歯の段差に歯垢が付着しやすくなる

セラミック治療のデメリット

治療費が高額
歯全体を大きく削る必要がある
欠けるリスクがある

これらのデメリットから、どこの歯科医院でも「全ての歯を白くする治療」が受けられるわけではありません。特にマニュケアは、白く見せられる効果が短期間の割に費用が高額で、歯に色を塗布するため、清掃不良の原因となることもあります。また他の方法と比較しても、より美しい歯にするために行う治療とはいえません。

「歯を白くする」という部分だけに着目すると、見た目だけを整えるような治療だと思われがちです。ですが歯を白く見せる治療を行うのは、患者さまの満足度を上げ、ご自身の歯への意識を向上させ、ケアへのモチベーションを上げるための手段として用いられます。

当院のように「自然で美しい仕上がり」や「再治療を止める治療」のような診療理念のある歯科医院であれば、ただ見た目を整えるだけでなく、歯の健康を長期間継続できるような治療でなくては意味がありません。歯科医院の診療理念に反する治療であれば(例えば「歯を白くしても歯の健康とは関係ない」「保険治療で十分」等)、「あえて」歯を白くする治療をおこなわない歯科医院もあります。

まとめ

いかがでしたか?最後に「歯を白くする治療ってありますか?もしあるなら、どこの歯科医院でもやってくれますか?」
・ホワイトニング以外にも歯を白くする方法はある
・歯を白くする治療にも、それぞれメリットとデメリットがある
・その歯科医院の診療理念に反する場合は、歯を白くする治療を行っていないこともある