歯が変色してしまうのは何か原因なのですか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「歯が変色してしまうのは何か原因なのですか?」についてお話しします。

変色の理由と変色をなおす方法についてご説明します。ご自身の歯が変色していることに悩まれている方は参考にしてみてください。

落とせる変色と落とせない変色がある

変色する原因には大きく分けて歯磨き等で「落とせるもの」と「落とせないもの」があります。歯磨きで落とせる変色は、歯の表面にステインが着色することで起こります。これは私生活で少し工夫したり、習慣を見直すだけでも変色が起こりにくくなります。

落とせない変色には、虫歯が原因で黒く変色する場合や神経の壊死が原因で灰色に変色するなどの病的なものから、加齢により歯が黄ばんで変色を起こしているものまであります。

落とせる変色の原因は飲食によるもの

歯が数本に渡り、部分的に変色を起こしているのは、飲食によるものが大半です。他には喫煙が原因でやに汚れが付着している場合もあります。これらは歯の表面に汚れとして付着しているため、クリーニングをおこなうことで綺麗な状態に戻すことが可能です。

飲食による変色が起こりやすい人

・お口の中が乾燥している人
・唾液の分泌量が少ない人
・コーヒー等のステインが付着しやすいものを良く飲む人
・歯磨きが下手な人

唾液には自浄作用があり、歯に付着した汚れを除去してくれます。ですが、お口が乾燥した方や唾液量が少ない方だと、うまく機能しないため、変色が起こりやすくなります。同じような理由で、歯磨きが下手な方は毎回同じ部分に磨き残しができるため、変色を起こしやすくなります。

落とせる変色の治し方

・ホワイトニング歯磨剤を使用してみる
・ブラッシングの仕方を見直す
・良くお水を飲み、お口の中を潤しておく
・唾液の分泌を促す唾液腺マッサージをおこなう

ステイン等が原因で歯が変色を起こしている場合は、歯磨きの仕方を変えてみたり、使用している歯磨剤を変えることで変色が起きにくくなります。また、着色している場所が毎回同じ場合、その部分に歯ブラシが当たっていない可能性もあるので、一度歯科衛生士からブラッシング指導を受けてみるのもお勧めです。

お口の中が乾燥していることで着色が起きやすい方、唾液の量が減少したことで着色しやすくなっている方は、お水を少しづつ飲む習慣や唾液腺マッサージをすることで着色がつきにくくなります。

落とせない変色の原因は虫歯?!

歯が灰色がかった色や茶色っぽい色に変色を起こしている場合、虫歯の可能性もあります。また、初期虫歯の場合だと歯の一部が白っぽく濁って見えることもあります。歯の一部分に変色を見つけた場合、症状が出ていない場合も、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

虫歯以外の変色の原因

神経が壊死している

神経を除去した歯は、時間がたってくると灰色に変色を起こします。神経を除去する治療を行っていないのに、灰色がかった色に変色を起こしている場合、特に前歯は強い衝撃が加わることで中の神経が死んでしまっていることがあります。これが原因で、歯の色が1本だけ変色を起こすことがあります。

加齢によるもの

歯が白く見えているのは、歯の表面のに覆われているエナメル質のおかげです。歯の内部にある象牙質は黄色っぽい色味をしています。加齢が進むにつれ、歯の表面に覆われているエナメル質が薄くなり、内部にある象牙質の色が透けて見えるようになります。そのため、加齢により、歯が昔より黄色っぽく変色したと感じます。

酸蝕症によるもの

酸蝕症も加齢と同じ原理で、酸性のものを好んで食べる方や逆流性食道炎等で胃酸が上がりやすい方は、歯のエナメル質が薄くなってしまいます。そのため、内部の象牙質が透けて変色を起こしたように見えるのです。

以前行ったプラスチック治療が変色している

小さな虫歯の場合、プラスチックを使用した詰め物で治療を行います。治療したての頃は自分の歯と馴染んでいるため治療箇所がわかりません。ですがプラスチックを使用した場合、経年劣化が起き、色が変色したり、ご自身の歯との間に段差が生じてきます。

落とせない変色の治し方

神経が壊死している場合

特に虫歯になっていなくても、神経が壊死してしまっている場合は神経を除去する治療を行います。この時にブリーチ剤を歯の内部に入れることで歯を白く戻すことが可能です。歯が欠けてしまっている場合は、セラミック治療をおこなうことで、白く美しい元の歯のようにもどすこともできます。

象牙質の色が透けている場合

ホワイトニングをおこなうことで、白い状態にもどすことができます。ただし、酸蝕症等で歯が弱っている場合、ホワイトニングをおこなうと痛みを伴うこともあるので、事前にしっかり診査・診断をしてもらう必要があります。

ラスチックの変色の場合

詰め物を新しいものに入れ替えることで元の綺麗な状態に戻すことが可能です。

まとめ

いかがでしたか?最後に「歯が変色してしまうのは何か原因なのですか?」についてまとめます。
・落とせる変色は飲食や喫煙による汚れが原因
・虫歯が原因の場合は歯が灰色〜黒色、茶色っぽく変色する
・加齢や酸蝕症が原因の場合は歯が黄色っぽく変色する
・神経が壊死しているのが原因の場合は歯が灰色っぽく変色する
・昔プラスチックで治療した場所が、経年劣化で変色している場合もある