セラミックは金属より脆いと聞きました。と言うことはセラミックよりも銀歯の方が安全性は高いのですか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「セラミックは金属より脆いと聞きました。と言うことはセラミックよりも銀歯の方が安全性は高いのですか?」についてお話しします。

確かにセラミックの材質は陶器のため、銀歯よりも割れやすいイメージがあります。ですが、一言にセラミックと言っても様々な材質があるので、一概に銀歯よりも脆いというわけではありません。

セラミックが割れる原因は?

セラミックの材質は陶器のため、奥歯や前歯の切端等負荷がかかりすぎると、割れてしまう可能性も十分にあります。
ですが、患者さまのお口の中を一口腔単位でしっかり診査・診断し、全体的なかみ合わせを整えた上でセラミック治療を行えば、一部分に負荷がかかりすぎるのを防ぐことができます。

また、使用する部位によってセラミックの材質を替えることで、セラミックが割れてしまう危険性を減らすことは十分に可能です。適材適所セラミックも使いわける必要があります。

銀歯よりも硬い性質のセラミックがある

オールセラミックは全体がセラミックでできており、天然歯に最も近い透明度と色調を作り出すことができます。そのため、人目につきやすい前歯等に使用するのが向いています。ですがその一方、強い負荷がかかると割れやすくなります。

フルジルコニアは、「白い金属」と呼ばれるほど非常に硬い素材です。その分オールセラミックと比較すると色調の調整や透明度に欠けるため、奥歯への使用が向いています。このフルジルコニアは、銀歯よりも硬い性質のため、欠けたり割れるのが心配な方は、フルジルコニアを使用するのが良いでしょう。

オールセラミックの審美性とフルジルコニアの耐久性を両方兼ね揃えているのが「ジルコニアセラミック」になります。内面をジルコニアで作り、外側をセラミックにしているため、天然歯に近い色調再現できるだけでなく、今までのオールセラミックの欠点である「割れる・欠ける」心配をなくすことができています。

使用する部位や、患者さまの咬合力により、どの材質を使用するのかを決めていけば割れるリスクは回避できます。

セラミックは生体親和性に長けているので、「安全性」は銀歯より上!

純粋に被せ物の材質にのみ注目してみると、セラミックは生体親和性にすぐれており、経年劣化を引き起こしにくい材質です。しっかりメンテナンスを行えば、セラミックは10年、20年以上長持ちできる材質だと言えます。

それに対し、銀歯はお口の中の環境変化に耐えられず、金属イオンが流出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり、メタルタトゥー、ガルバニー電流等の症状が発症することがあります。また、歯と被せ物の間に隙間が生じやすいため、二次虫歯も発症しやすいです。そのため、保険の銀歯は3〜5年で寿命がくるといわれています。

被せ物の「安全性」に注目すると、セラミックの方が長けていると言えます。では次に、金属よりもセラミックが「脆い」といわれる点に注目してみます。

セラミックが割れるを回避するには「かみ合わせ」を整えるのが大事!

「保険の銀歯であれば、割れないので安心」だと思われる方もいるかもしれませんが、どんな金属を被せていてもお口の中のかみ合わせが悪かったり、歯ぎしり食いしばり等の症状がある方だと保険の銀歯でも咬耗により、穴が開いてしまいます。
銀歯に穴が開いてしまえば、その部分から二次虫歯になってしまいますし、負荷がかかりすぎる部分だと簡単に銀歯が外れてしまいます。
また、1歯だけに噛む力がかかりすぎている場合、歯周病の原因となり、歯がぐらついてくることもあります。

「セラミックが割れる、欠ける」というのは、単に被せ物の材質だけの問題ではありません。特に「被せ物が割れた」「被せ物が外れた」と何度も同じ歯の治療を繰り返している方は、かみ合わせが原因で起こっている可能性があります。

どの治療も一口腔単位での治療が重要!

歯科治療は、全体のバランスを取りながら治療を行います。そのため、歯1本1本を診るのではなく、一口腔単位での治療が必要です。
セラミック治療などの審美歯科だとどうしても、治療する歯1本に対して見がちですが、良いセラミック治療を長持ちさせたいとお考えなら、しっかり1箇所の歯科医院で、長期的に歯の全体的な治療・予防・管理を行うのがおすすめです。

メンテナンスをしているかどうかでも、セラミックの持ちが違ってきます。平均寿命3〜5年といわれている銀歯より、しっかりメンテナンスを行って10年、20年と長持ちさせる治療を選択するのが歯の健康寿命を延ばすにも最適な選択です。

まとめ

いかがでしたか?最後に「セラミックは金属より脆いと聞きました。と言うことはセラミックよりも銀歯の方が安全性は高いのですか?」についてまとめます。
・セラミックは選択する材質によって金属よりも硬い性質のものもある
・被せ物の材質で考えるとセラミックの方が安全性が高い
・脆い原因は被せ物材質だけでなく、かみ合わせが原因の場合もある
・一口腔単位での治療を行うことでしっかり長持ちするセラミック治療を受けることができる