セラミックは銀歯に比べて虫歯になりにくいというのは本当ですか?

錦糸町徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「セラミックは銀歯に比べて虫歯になりにくいというのは本当ですか?」についてお話しします。セラミック治療にするか、保険内の銀歯にするか悩まれている方は参考にしてみてください。

セラミックは銀歯より二次虫歯になるリスクが少ない

結論から言うと、セラミックは銀歯に比べて虫歯になりにくい性質を持ちます。もちろん、治療を受けた後に患者さま自身がしっかりメンテナンスを行い、セルフケアもしっかり行っているという条件はつきますが、保険内の銀歯は口腔内の熱いものや冷たいもの、酸性の強い食べ物等の過酷な環境の下、劣化を早めてしまいます。
一方セラミックは陶器で出来ており、生体親和性に優れた材料のため、過酷な環境である口腔内でも安定した状態を維持することができます。

セラミックは審美的にも機能的にも優れている

セラミック治療と聞くと「ただ白い被せ物」だと審美的な面にばかり目がいってしまいますが、セラミックは保険内の銀歯と比較して審美面だけでなく、機能面にも優れた点が多くあります。その優れた点が虫歯になりにくい原因とも言えます。

セラミックは銀歯よりも汚れがつきにくい

銀歯の表面には目に見えない無数の傷がついています。そのため、プラークがたまりやすく、二次虫歯や歯周病の原因になります。セラミックは表面が滑らかなため、汚れも付着しにくく二次虫歯のリスクも低減することができます。
セラミックと言っても幾つか種類がありますが、ハイブリッドセラミックはオールセラミックと比較して、柔らかい性質なため、長年使用を続けると少しずつすり減っていきます。そのため、汚れもオールセラミックと比較すると付着しやすくなります。また、ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜて製作しているため、唾液を吸収しやすく、色も変色してきます。セラミックの汚れのつきにくい利点を生かすなら、ジルコニアセラミック、オールセラミック、フルジルコニアがおすすめです。

銀歯はそもそも歯に「接着」しているわけではない

銀歯を歯にくっつける時に使用するセメントは、実は完全に歯に「接着」させているわけではありません。銀歯と歯の隙間を「埋める」ためにセメントを使用しています。このセメントは経年劣化を起こし、唾液に少しづつ溶け出すため、歯と銀歯に隙間を生じます。そのため、歯と銀歯の隙間に菌や汚れが溜まり、二次虫歯の原因となるのです。

一方、セラミックに使用するセメントは「合着」といって、完全に歯とセラミックをくっつけることができます。長期的に使用を続けても劣化することがないため、二次虫歯のリスクも低くなります。

銀歯は金属イオンが溶け出し劣化する

銀歯の寿命は3〜5年程度、それに対し、セラミックは10年以上持つと言われています。これは、銀歯が口腔内の環境下で金属イオンを少しづつ溶かし、劣化していくことも原因の1つに挙げられます。少しづつ金属イオンが溶け出した銀歯は、歯との密着度が低くなるだけでなく、銀歯に無数の微細な穴を生じ、より二次虫歯のリスクをあげることになります。

さらに、銀歯からでる金属イオンは、身体に少しづつ蓄積していき、金属アレルギーやメタルタトゥー、ガルバニー電流等様々な弊害をもたらす原因になります。

銀歯は熱伝導性が高い

「虫歯治療を行い、銀歯を詰めたのにいまだに痛みがある」という方の場合、それは二次虫歯が原因ではなく、銀歯の持つ熱伝導性の高さが原因かもしれません。歯の神経を残して治療を行うと、歯の神経は一時的にダメージを受けます。
通常1週間程度で治療後の歯の痛みは落ち着いてきますが、熱いものや冷たいものを食べた時に、銀歯を通して熱が神経を刺激し、痛みを生じることがあります。この症状が治まるのにかかる期間は個人差がありますが、長いと1年以上痛みに悩まされ続けることもあります。場合によっては、神経を除去する治療に移ることもあります。

銀歯がセラミックよりも優れている点は「価格」のみ

保険内の治療である銀歯は、実は患者さまにとって「最良」の治療とは言いがたく、「最低限」の治療ということになります。そんな銀歯ですが、セラミックと比較して優れている点といえば、それは「価格」ではないでしょうか。
保険で済むため、治療費を抑えることができる代わりに、セラミックよりも二次虫歯のリスクが高くなるため、一生涯で考えると歯1本にかける治療回数が増えてしまいます。患者さまのメンテナンスにもよりますが、最終的には歯を失うリスクをあげる選択にもなりかねません。

セラミックだからといって虫歯に「絶対に」ならないわけではない

セラミックを選択したらもう虫歯の恐怖に怯えなくても良い、というわけではありません。治療後はきちんと定期的にメンテナンスを行い、ご自身でもセルフケアをしっかりと行う必要があります。これができていなければ、いくら良い治療を選択したとしても長持ちするとはいえません。治療後もしっかりメンテナンスを行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?最後に「セラミックは銀歯に比べて虫歯になりにくいというのは本当ですか?」についてまとめます。
・セラミックの方が銀歯に比べて虫歯になりにくいのは本当
・セラミックは汚れが付着しにくい
・銀歯に使用するセメントは経年劣化するため、歯と銀歯の間に隙間を生じる
・銀歯はお口の中で金属イオンが溶け出し、劣化する
・銀歯は熱伝導性が高いため、神経を刺激し、場合によっては神経除去の治療が必要になることもある