• 錦糸町で特殊診療も行っています

錦糸町で特殊診療も行っています

遅延型フードアレルギー検査

遅延型フードアレルギー

食事後すぐに出るアレルギー症状を「即時型」とすると、「遅延型」は時間的にはかなり遅れた形で現れてくるアレルギー反応のことをいいます。

遅延型フードアレルギーは、同じ食品を日々継続的に摂取することによって身体がその食材を受け付けなくなり、アレルギー反応として、不定愁訴などの症状として現れてきます。

体調が悪い、何となくだるい、頭が重い、肩が凝るといった慢性的な症状も、遅延型アレルギーのひとつの症状である可能性があるのです。食事から発症までにタイムラグがあるため、アレルギー反応としてなかなか自覚できないのが遅延型の特徴といえるでしょう。

血液をとって検査を行うことによって、何の食材が原因になってアレルギー反応が起きているのかがわかります(遅延型フードアレルギー検査)。判明したその食材の摂取を3~6ヶ月やめることによって、アレルギーの症状はなくなっていきます。

普通の医科でも食事の指導が行われますが、歯科医の強みは患者さまのお口の中の状況をしっかり把握できていることです。当院では、遅延型フードアレルギー検査を取り入れることで、お食事の指導をより的確なものとし、患者さまの健康の増進が図れればと考えております。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約専用050-7576-0760

再診予約・その他0120-625-619

お問い合わせフォーム

10:00~13:00--
15:00~19:00---
15:00~18:30-------