• 錦糸町で根管治療をお探しなら

錦糸町で根管治療をお探しなら

実際の治療手順

1.根管内のものを除去する

まだ神経を取ったことがない歯の場合は、麻酔をした上で神経と歯髄を取り除きます。神経を取ったことがある歯の場合には、詰め物や被せ物を取り外し、根管内部につめてある薬も取り除いた上で治療を始めます。

2,根管の壁を清掃する。

根の奥に膿が溜まっている場合は、膿が取り除けるように通り道を作ります。根管の内部をリーマーやファイルと呼ばれるギザギザの付いた針のような様々な太さの器具を使って清掃していきます。

3,根管の内部の消毒

根管内部をキレイに清掃できたら、次は消毒を行います。綿に薬をつけ内部を消毒し、症状が取れるまで薬の交換をします。

4.根管に最終的な薬を詰める

根管の内部の症状を全てとり、キレイになったら細菌が再度入り込まないように、根管内部に薬を隙間なく詰めていきます。

治療中に痛みはあるの?

神経がまだ生きている場合は、麻酔をして治療をするため、麻酔がきいていれば痛みはありません。しかし神経の炎症がひどい場合は麻酔があまり効かず痛みがでることがあります。

逆に神経が死んでいる歯、神経がない歯の場合は麻酔をせずとも痛みが出ないことが多いです。しかし、根の先端だけ神経が残っていたり、根の周囲の炎症が強く痛みを伴うと判断した場合は、麻酔をして治療を行います。

治療後には補綴物を被せていきます。

補綴物

治療後には根管治療を行った歯に補綴物を被せます。その際に、補綴物を長く使っていただくためにより外れにくくすることはもちろん、最近の再侵入を防ぐことで補綴物の下が再度う蝕してしまうことを防ぐために、当院では補綴物とその接着に対してこだわりを持って取り組んでいます。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約専用050-7576-0760

再診予約・その他0120-625-619

お問い合わせフォーム

10:00~13:00--
15:00~19:00---
15:00~18:30-------