• 錦糸町で根管治療をお探しなら

錦糸町で根管治療をお探しなら

根管治療とは

根管治療とは

歯の根っこである「歯根」の治療のことを根管治療といいます。歯の内部には、歯髄腔と呼ばれる空間があり、その中には神経や血管などが入った組織が詰まっています。根管とは、歯髄腔がつながっている歯根内部の管のことであり、神経や血管もその内部を走り、歯の外部に通じています。根管治療は、この根管を消毒、清掃する治療です。

根管治療が必要な症状

炎症を起こした歯の神経がズキズキ痛む

虫歯が進行してしまうと、やがて歯髄に達して炎症を起こした神経がズキズキと痛みます。このような状態になってしまうと早急に歯髄を取り除く必要があり、その後空洞になった根管を消毒し、薬を詰めます。

神経をとった歯なのに、噛むと痛い、ズキズキと痛む

神経を取った歯が痛みを出すときは、根の奥で最近が繁殖してしまい炎症を起こしてしまっています。この場合は炎症を抑えるために根の治療を行い内部を消毒する必要があります。

歯の根の先に膿が溜まっているとき。

神経を取った歯や神経が死んでしまった歯の根っこの先端には、膿が溜まってしまうことがあります。これは歯根の内部の細菌がどんどん増えていってしまい、根管の外部に膿が溜まってしまっている状態です。痛みによって気がつくケースもありますが、自覚症状がなく、レントゲン検査で発見されるケースもあります。放置すると悪化していってしまうため、根管治療を行う必要があります。

歯茎にできものができたとき

歯茎にできもののようなものができることがありますが、この場合は歯の先端に溜まっていた膿が、歯茎の外に膿の出口を作っている場合である可能性が高いです。この場合はレントゲンで患部を確認し、膿が溜まっているようであれば、治療をする必要があります。

歯茎が腫れているとき

根の先端の膿溜まりが原因で、歯茎が腫れる場合は根管治療を行う必要があります。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約専用050-7576-0760

再診予約・その他0120-625-619

お問い合わせフォーム

10:00~13:00--
15:00~19:00---
15:00~18:30-------