• 錦糸町でむし歯治療をお探しなら

錦糸町でむし歯治療をお探しなら

保険の銀歯では再発が起こりやすい?

むし歯治療を行い、詰め物で処置した歯にむし歯が再発することを二次虫歯と呼びます。
しかし、詰め物をしてしっかり覆ったはずの歯がなぜ再度むし歯になるのでしょうか。
その理由として挙げられるのが、詰め物の素材に銀歯を選択することです。

銀歯の問題点

健康保険適用のため費用の安さが特徴の銀歯ですが、銀歯は審美性が悪いだけでなく、詰め物の質としてもそれほど優秀ではありません。
そもそも銀歯の素材は本来歯とくっつかない素材のため、歯との接着の相性が悪いのです。

このため年数が経つと接着が剥がれやすく、それによって隙間が生じてしまいます。
そして、隙間が生じることでそこからむし歯の原因菌が侵入してしまい、むし歯の再発…つまり二次虫歯を引き起こしてしまうのです。

CO

CO

セラミックで解決

セラミック

「二次虫歯を予防するための効果的な方法は、セラミックの詰め物を選択した上で、セメントでしっかりと接着してもらうことです。
セラミックはただでさえ歯との隙間が生じにくいだけではなく、詰め物として長持ちする素材です。
また、セラミックは歯垢が付着しにくい特徴も持っています。
そのセラミックを、セメントで歯としっかり接着するため隙間をなくします。

つまり、「詰め物に隙間が生じにくいのでむし歯の原因菌が侵入しない」、「むし歯の原因菌が潜む歯垢が付着しにくい」、これらの点からセラミックは二次虫歯を予防しやすいのです。
審美性の高さだけがメリットに思われがちなセラミックですが、それだけでなく詰め物としても大変優秀です。

お米やパンにも糖分は含まれているため、普段の食事でもむし歯ができる可能性があります。
また、むし歯は歯に穴があくとイメージが強いのですが、確認しづらい歯と歯の間や詰め物の奥にできているケースも多いのです。

このため、自分お口の中を見てむし歯がないと思い込んでいる人でもむし歯ができていることがあります。
むし歯に気付けなければ進行して手遅れになる危険性もあるため、例え歯に自信がある人でも定期的な検診を受けることをおすすめします。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約専用050-7576-0760

再診予約・その他0120-625-619

お問い合わせフォーム

10:00~13:00--
15:00~19:00---
15:00~18:30-------