今は銀歯ではなくセラミックが主流と聞きましたが、なぜみんなセラミックを選ぶのですか?

錦糸町駅徒歩1分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「今は銀歯ではなくセラミックが主流と聞きましたが、なぜみんなセラミックを選ぶのですか?」についてお話しします。
自費治療であれば、セラミック以外の選択肢もありますが、現在の主流はセラミック治療になります。その理由についてご説明します。

セラミック治療にはメリットが多い

セラミック治療の最大のメリットが、天然歯と変わらないくらい審美的に治療できる点にあります。また、金属を使用していないため、「金属アレルギー」「ガルバニー電流」「メタルタトゥー」などの弊害を起こす心配もありません。

被せ物を接着する材料も保険治療の被せ物とは違うため、二次虫歯にもなりにくくなります。長期的な目で見ると保険治療で入れる銀歯よりも、セラミック治療の方が歯の寿命が長くなる要素が多くあるため、患者さまのお口の健康を維持することに繋がります。
同じく自費診療で行う金歯にも、金の持つ特性上、使用していくうちにご自身の歯と馴染むため、二次虫歯のリスクも軽減でき、金属イオンが流出する心配も少ないのですが、やはり「金」でどうしてもお口の中で目立ってしまい、ご高齢の方が行っているイメージが強いため、嫌煙されてしまいます。

審美的に治療できる

歯は、その人の第一印象を決める大きな要因の1つになります。そのため、笑った時に銀歯が見えていたり、歯並びがガタガタだと「清潔感がない」「笑顔が似合わない」などのマイナスな印象を抱かせてしまう原因になります。

セラミック治療であれば、治療した場所を元の天然歯と同じくらい審美的に作ることができるだけでなく、歯並びの一部をセラミック治療で短期間に綺麗な歯並びに整えることも可能です。

モデルさんや芸能人の方も、このセラミック治療を使用して、綺麗な歯並びに変えている方も中にはいるため、それを見た患者さまも「綺麗な歯並び」や「白い歯」に憧れを抱く方が多くなっています。以前に比べて、国民の審美歯科への関心が高まってきているとも言えます。ただ治療するだけでなく、より美しく機能的に優れたセラミック治療を選択する方が増えるのもなんら不思議ではありません。

セラミック治療が以前より安価になった

セラミック治療にも種類があるため、治療箇所によって、セラミックの種類を選択することができます。

・ジルコニアセラミック:ダイアモンドと同じ硬度のあるジルコニアを内側に使用し、表面をセラミックで作っているため、審美性が高い。

・オールセラミック:全てセラミックで作っているため、天然歯に近い透過性があり美しい。

・フルジルコニア:全てジルコニアで作っているため、高い耐久性があるが、色の選択肢が狭いためオールセラミックより審美的に劣る。強度が高いので、奥歯に最適。

・ハイブリッドセラミック:セラミックとプラスチックを混ぜたもの

セラミック治療の中でも安価に行うことができる「ハイブリッドセラミック」は、セラミックとプラスチックを混ぜたもので、オールセラミックと比べて色が変色しやすいデメリットはありますが、経済的負担を抑えて白い被せ物で治療を行うことができます。

また、治療を行う箇所にもよりますが、保険適応で白い被せ物を入れることができるため、今までよりもセラミック治療に対するハードルが低くなり、多くの方が安価にセラミック治療を受けることができるようになった点も選択する方が増えた理由と言えます。

銀歯治療が主流なのは日本だけ

海外では銀歯で治療を行っている人はあまり見かけません。日本では保険適応のため、銀歯を使用した治療が主流ではありましたが、海外では保険適応外のため、歯科先進国であるスウェーデンでの銀歯治療費は、セラミック治療費とほぼ同額になってしまいます。
そのため、多くの方が銀歯よりも、審美性も機能性の高いセラミック治療や白いプラスチック素材を選択して治療を行っています。その費用を出すことができない低所得の方は、銀歯を使用した治療を行うこともあるようです。

海外の方からしたら、口の中に銀歯が多くある日本人は金銭的に困っている人にうつってしまうようです。2020年には東京オリンピックも開催され、今よりももっと多くの海外の方と接する機会が増えると思われます。その中で、銀歯ではなく、セラミック治療を選択して歯を綺麗に整えることは、一種のステータスにもなるのかもしれません。

また一部では、銀歯に使われる金銀パラジウム合金の金属による身体への弊害を懸念して歯科治療での使用を禁止している国もあります。歯や口内環境の状態は、患者さまの全身の健康にも関わってきます。より健康的な生活を送るために、セラミック治療を選択することは長期的にみてもよい判断になると言えます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に「今は銀歯ではなくセラミックが主流と聞きましたが、なぜみんなセラミックを選ぶのですか?」についてまとめます。
・セラミック治療は銀歯と比べて、メリットが多く存在する
・美しい歯並びや白い歯に憧れを持つ方が、審美的な治療を選択するようになった
・保険適応でのセラミック治療もあるため、以前よりもセラミック治療に対するハードルが経済的面で低くなった
・銀歯治療が主流なのは日本だけで、海外の方から見れば「経済的に困窮している人に見えてしまう」こともある