セラミックのメリットとデメリットをそれぞれ教えてください

錦糸町徒歩3分のホワイトデンタルクリニックです。今回は「セラミックのメリットとデメリット」についてお話しします。
セラミック治療は保険外の治療となるため、治療費が高額になります。ですが、保険治療の銀歯と比べて、様々なメリットがあります。きちんとセラミックの性質について理解した上で、保険の銀歯とどちらの治療がベストか判断しましょう。

セラミックのメリット

まずセラミック治療のメリットについてご紹介します。
・審美的に優れている
セラミックは透明感のある白い素材でできているため、口を開けた時に目立つ場所や前歯に使用すると天然歯と見分けがつかないほどに審美的に仕上げることができます。
また、セラミックであれば歯の形状、色等を細かく歯科技工士に作成してもらうことができるため、理想の歯を作ることができます。

・金属アレルギーにならない
保険で使用する銀歯は長年使用を続けると金属アレルギーを併発する方もいらっしゃいます。セラミックだと、金属を一切使用しないため(内部を金属で製作するメタルボンド等は除外)金属アレルギーの心配がありません。金属アレルギーを起こしている方も、お口の中の金属を全てセラミックに変えることで症状が治まります。

・二次虫歯になりにくい
セラミックを歯につける際使用する接着剤は、セラミックと歯をきちんと「接着」してくれます。一方、保険の銀歯に使用するセメントは、「合着」と言って歯と銀歯の隙間を埋めて、外れにくくしているにすぎません。そのため、長年使用を続けているとセメントが取れ、歯と銀歯の間に隙間が生じてしまいます。
 そのため、保険の銀歯は二次虫歯になりやすいです。セラミックの場合、隙間ができないため、二次虫歯を生じにくくなります。

・精度の高いセラミックができる
自費診療であるセラミックは型取りの材料から違います。保険で使用されるものはアルジネートと寒天で歯型を作ります。セラミックは硬さの異なる2種類のシリコンから歯型を作成します。
前者のアルジネートは乾燥に弱いため、誤った保存方法をしていると精度の低い銀歯ができてしまいます。後者のシリコンは細部まで正確な型が取れ、変形も起こりにくいため精度の高いセラミックが出来上がります。

・汚れが付着しにくい
現在保険適応のハイブリッドセラミックもありますが、ハイブリッドのものだと長期間使用を続けると色が変色してきます。ですが、オールセラミックだと銀歯よりも表面が滑沢のため、汚れが付着しにくく、変色も起こりません。

・ガルバニー電流がおきない
お口のなかに複数金属があると、ガルバニー電流が起きます。銀歯でアルミホイルを噛んで「キーン」となる時、お口のなかに電流が流れています。この電流は疲労感、頭痛、吐き気、動悸等様々な身体異常を引き起こします。
セラミックは金属を使用しないため、この心配がありません。

・メタルタトゥーにならない
お口の中は絶えず環境が変化するので(冷たいものや熱いもの、酸性の強い飲食等)、銀歯から銀イオンが流出します。そのため、メタルタトゥーが起き、歯茎や歯が黒く変色を起こします。メタルタトゥーはレーザー等の治療を受けないと自然と色が戻ることがありません。
セラミックだとやはり、金属を使用しない分この心配もありません。また、歯の土台にもメタルコアを使用しないため、歯の破折や色の変色の可能性が低くなります。

セラミックのデメリット

保険治療の銀歯よりも多くの利点のあるセラミックですが、デメリットもあります。
・割れやすい
セラミックは陶器と同じ材質で作られています。そのため、強い負荷がかかってしまうと欠ける可能性があります。
歯の食いしばりの強い方やご自身の歯も破折したり、咬耗している方にはセラミック治療が向かない場合もあります。
ですが、セラミック治療のなかでも「ジルコニア」を使用したものだと破損する可能性は低くなります。
ジルコニアはとても強度が強く、「白い金属」と呼ばれるほどに頑丈な材質です。そのため、負荷のかかる奥歯に使用するには適しています。

・歯の削る量が増える
セラミックはある程度の厚みを持たせなくては割れてしまう可能性が高くなるため、歯の切削量が銀歯よりも増えてしまいます。そのため、神経を抜く処置を必要とする場合もあります。

・治療費が高額
保険治療に比べると費用が高額になってしまいます。歯の神経を抜く処置も行っている場合、被せ物を自費で行うと、土台も自費で行わなくてはいけないため、土台の分も1万程度費用がプラスでかかることになります。
ただ、セラミックの種類にもよるので、ハイブリッドセラミックのプラスチックとセラミックの混ぜ物だと費用を抑えることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に「セラミックのメリットとデメリット」についてまとめます。
<メリット>
・審美的に治療できる
・生体親和性に優れている(金属アレルギー、メタルタトゥー、ガルバニー電流の心配がない)
・二次虫歯になりにくい
・精度の高い技工物ができる
<デメリット>
・割れやすい
・費用が高額
・歯の削る量が増える
メリットとデメリットきちんと把握した上で、ご自身の歯にはどの治療が向いているかを判断しましょう。