ジルコニアインプラント

昨日はジルコニアインプラントのオペがありました。
インプラントと聞くと恐い、ニュースでも色々あったかと思います。
インプラントでトラブルなく成功させる大事なことはCTを撮ること、あとは歯茎をしっかりとめくって(フラップ)骨の形状を見ることです。
CTを撮らない、フラップしない、、、
誤って変な方向へインプラントを入れてしまう原因です。
それよりも大事なことはセンスです!
3次元的に頭でイメージできる人は問題ないでしょう。
壁掛け時計を釘の刺さった壁へ一発でかけれますか?
そんなイメージです。

当医院では、体への負担、電磁波過敏症を懸念してチタンではなくジルコニアインプラント、メタルフリー治療を行っております。
せっかく入れたインプラントのせいで体調が悪くなっては仕方がないですよね。
歯科は歯科ではなく口腔科ではなくてはいけません!
食事を不便なく出来るようになることはとても大事なことですが、体調が悪くなって入れたインプラントを全部取り除くことになってしまっては意味がないですよね。
インプラントを入れてそのせいで体調不良になったことに気づけるだけましなのですよ。
実際、それが原因とわからず、一生涯苦しみ続ける人もいます。

インプラントを考えるときはその説明をしっかりとしてくれるクリニックを選びましょう!